ソフトウェア

新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」が強制終了する不具合発生、問題特定までの流れはこんな感じ


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触確認アプリ「COCOA」でバージョンアップすると、「アプリが起動できずに強制終了してしまう」という不具合が一部端末で発生しました。不具合はAndroid版・iOS版のいずれにおいても発生しています。

厚生労働省のCOCOA情報ページによると、COCOAは11月25日に「1.4.0」にアップデートされたとのこと。今回報告されている不具合は、このアップデートに原因があるとみられています。

●11月25日に修正版「1.4.0」の配布を開始しました。
-修正版「1.4.0」では、主に以下の修正を行っています。
1.アプリの動作状況を分かりやすく確認できるよう、ホーム画面のデザインを変更しました。
2.アプリ内のボタン、画像や文言の見直しを行いました。


厚生労働省からのお知らせには「現在、1.4.0にアップデートした後、一部の端末でCOCOAが強制終了する事象が発生しています。原因調査の上、別途ご案内させていただきます。ご利用者の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。」と記されていました。


GitHubでも25日の夜には問題が報告されており、iOS 14.8.1を搭載した第二世代iPhone SEおよびGalaxy S9で問題が発生していることから、iOS、Android共通の不具合であることがわかります。

COCOA v1.4.0 が起動しない · Issue #517 · cocoa-mhlw/cocoa · GitHub
https://github.com/cocoa-mhlw/cocoa/issues/517


上記の報告を受けてデジタル庁のAndroidエンジニアである有山圭二さんが問題の対応にあたっており、11月26日の0時前後には「ホットフィックス版(v1.4.1)のテストを終え、App Store, Google Play Storeへの提出を完了しました。」という投稿が行われています。


また、「公式な発表ではありません」と前置きした上で、不具合の原因について詳細がつづられています。


なお、記事作成時点でApp Storeでは「バージョン 1.4.1」が公開され、起動に関する不具合が解消されています。

「COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ」をApp Storeで

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナの「接触確認アプリ」は本当に役に立っているのか? - GIGAZINE

新型コロナウイルスの接触通知アプリはなぜ世界中で今ひとつ浸透しないのか? - GIGAZINE

Androidでインストールした覚えのない新型コロナ接触確認アプリがいつの間にか入っている事態が発生 - GIGAZINE

日本政府公式の新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」に感染者を抑える効果はあるか実際にシミュレーションした結果とは? - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.