ソフトウェア

Googleが「何の役にも立たない1.8GBのアップデート」をPixelユーザーにうっかり誤配信


Googleが自社製スマートフォンの「Pixel」シリーズに対し、1.8GBのアップデートファイルを適用するよう通知を送付しました。しかし、このアップデートファイルは特定の携帯電話事業者の端末のみに意味があるものだったとのことで、Googleは過ちを認めて「無視してください」と通達しました。

Oops: Google sent Pixel users a huge, useless update | Ars Technica
https://arstechnica.com/gadgets/2021/11/google-accidentally-pushes-android-12-to-pixel-users-a-second-time/

Google accidentally sends Verizon-only Android 12 build to some users worldwide
https://www.androidpolice.com/google-accidentally-sends-verizon-only-android-12-build-to-some-users-worldwide/

Google finally brings the first system update to unlocked Verizon Pixel 6 units
https://www.androidpolice.com/google-finally-brings-the-first-system-update-to-unlocked-verizon-pixel-6-units/

2021年11月11日、すでにAndroid 12を導入しているPixel 5以前のユーザーに対して、「Android 12を導入してください」という旨の通知が行われました。同じパッチを二度適用するように求められるという不可思議な事態について、あるユーザーが英語圏最大のソーシャル掲示板のRedditに「他に同じ現象が生じている人はいませんか?」と投稿したところ、Googleの公式アカウントが反応。「お受け取りのアラートについては申し訳ありません。ご心配なく、この問題は解決しましたので、無視していただいて構いません」と返答しました。


IT系ニュースサイトのArs Technicaによると、今回の一件で配布されたAndroid 12は、アメリカの最大の携帯電話事業者であるVerizonの通信ネットワークを使っているPixel 6シリーズに配布されるはずのものが、誤って無関係なPixel 5以前のPixelに配布されたものだとのこと。

Android関連のニュースを報じるAndroid Policeによると、このVerizon版のAndroid 12はPixel 6シリーズにまつわる何点かの不具合を修正するセキュリティパッチとのこと。このセキュリティパッチはVerizon以外のPixel 6シリーズには配布されていたものの、Verizonの端末には配布されていなかったため、今回のような措置になったそうです。


ただし、Ars Technicaは「なぜファイルが1.8GBもあるのかがよく分からない」と記しています。こうした追加コードを配布する場合、追加コードのみを配布すれば良いため、Android 12自体を改めて配布する必要はありません。しかし、今回は「追加コードを挿入したAndroid 12を改めて配布する」という手法が取られており、この原因については不透明とのこと。

Ars Technicaによると、Verizonとは無関係なのにVerizon版Android 12を改めて導入してしまったユーザーは存在しているものの、接続が不安定になるなどの副作用的な症状が出たといった報告はなかったそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」開封の儀&フォトレビュー - GIGAZINE

「Google Pixel 6はPixel 5からアップグレードすべき機種か?」を検証してみた - GIGAZINE

Pixel 6の指紋認証が遅い理由は? - GIGAZINE

Pixel 6シリーズはGoogleが示唆する「30Wの急速充電」が不可能という実験結果 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.