ソフトウェア

死後に遺族があなたのiPhoneデータへアクセスできる機能がiOS 15.2 Beta 2で追加

by Thibaud Saintin

自分の死後に各ネットサービスやスマートフォンのデータをどう扱うかは、いざという時のために決めておきたいもの。Googleは一定期間放置されたアカウントを自動的に消去するオプションを提供しており、もしもの時にデータが人に見られる可能性を排除することができますが、これとは逆にAppleは、ユーザーが死後にデータを指定した人物に引き継げる機能「Legacy Contact」をiOS 15.2とiPadOS 15.2のBeta 2で提供開始しています。

iOS 15.2 Beta 2 Lets Your Family Access Your Data If You Pass Away - MacRumors
https://www.macrumors.com/2021/11/09/ios-15-2-legacy-contact/

Appleは2021年6月に行われたWWDC 2021の中で、新しいデジタル遺産プログラム「Digital Legacy」の始動を発表しました。これは、iPhoneユーザーが亡くなった後に家族や友人が自分のiPhoneの情報を引き継げるようにする機能です。

iOS 15の公開時には死亡時のデータ継承機能「Legacy Contact」が含まれていませんでしたが、新たにMacRumorsが、iOS 15.2とiPadOS 15.2のBeta 2にLegacy Contactが追加されていることを伝えています。

Legacy ContactはiOSの「設定」を開いた先で、自分のプロフィール写真から「パスワード&セキュリティ」をタップし、「Legacy Contact」を選択することで設定可能。「Add Legacy Contact」をタップすると……


画面上に「あなたの死後、アカウント内のデータにアクセスできる信頼できる人を選択してください」と表示されるようになっています。


また、この信頼する人物がアクセス可能なデータには、写真・メモ・ファイル・連絡先・カレンダーイベント・ダウンロード済みアプリ・デバイスバックアップなどが含まれるとのこと。一方でiCloudキーチェーンやライセンス付与されているメディアにはアクセスできない模様。


なお、Legacy Contactで指定された継承人がデータを引き継ぐには、自分に付与されているアクセスキーとiPhoneユーザーの死亡証明書をAppleに対して提出する必要があります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
死後に自分のGoogleアカウントを自動的に消去する方法 - GIGAZINE

医学の進歩のために遺体を寄付したら解剖ショーの見せ物に使われてしまった - GIGAZINE

管理人が亡くなると別れの言葉を表示してくれるブログパーツ「ウィログ」が登場 - GIGAZINE

人間の死体は死後1年以上にわたって動き続けることが判明 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.