ゲーム

ゲームに登場する「ドア」の開閉が不自然な理由とは?


昨今の3D系ゲームでは民家などの建造物に「プレイヤーが開閉できるドア」が設置されていることがあります。一見単純そうに見える「ドアの開閉動作」の実装ですが、実はゲーム開発者をかなり悩ませているとのこと。このドアの開閉動作の実装について、ニュースメディアのVoxが大人気ゲーム「The Last of Us Part II」の開発者にインタビューを実施し、その難しさやこだわりを聞き出しています。

Why video game doors are so hard to get right - YouTube


ゲーム業界ではドアの開閉動作の実装は難度が高いと知られており、The Last of Us Part IIのディレクターを務めたカート・マージナウ氏はドアの開閉動作の実装について「想定通りに動作させるのに最も時間がかかった」と述べています。


というわけでVoxはThe Last of Us Part IIのドアの開閉動作の実装を担当したブライアン・シン氏にインタビューを行い、ドアの開閉動作の実装が難しい理由を聞き出しました。


シン氏によると、ドアを実装する際は、ドアに関連する全てのシステムや状況に気を配りつつ、ドアとそれ以外の物体およびキャラクターとの相互作用を考えながら実装する必要があるとのこと。このため、ドアの実装は非常に難しいものとなっており、各ゲームの開発者はさまざまな方法でドアの実装に挑戦しています。


ドアの実装に関する最も簡単な解決方法はドアを作らないことです。実際に「Assassin’s Creed IV Black Flag」を含む多くのゲームでは、現実世界ではドアがあるべき位置にドアが設置されていません。


Voxはドアの実装難度を0~3の4段階に分類して解説しています。まず、難度0は上述の「ドアを設置しない」という手法。


そして難度1は、「キャラクターが近づくと自動で上下左右にスライドして開閉するドア」です。この方式のドアは、キャラクターとドアの位置関係さえ分かれば簡単に実装できます。


難度2には「外観だけ現実に似せたドア」が分類されています。


この分類に属するドアは、見た目を現実世界のドアに寄せつつ、現実世界とはかけ離れた動作で実装されています。例えば、「フォートナイト」に登場するドアは手前にも奥にも開けられますが、現実世界ではそのようなドアはほとんどありません。


他にも、「ヒットマン」に登場するドアのように、キャラクターのモーションとドアの開閉がまったくかみ合わないようなものも存在します。


ウォッチドッグス2」や「レッド・デッド・リデンプション2」のような現実世界の町並みや風景をリアルに再現したことを売りにするゲームでも、現実世界とはかけ離れた大きさのドアが設置されることがあります。


現実とかけ離れた大きさのドアを設置するのは、カメラを違和感なく動かすため。一般的に、ゲームのカメラはプレイヤーが操作しているキャラクターを頭上から見下ろせる位置で追従しています。もし、ドアが現実世界と同じサイズだった場合、キャラクターがドアを通過する際にカメラはドア上部の壁を通過することになり、画面が真っ暗になる瞬間が生じます。


そこで、ドアを現実世界よりも大きくすることで、キャラクターの後ろを違和感なく追従できるようにしているのです。また、ドアを大きくすることでプレイヤーに精密な操作を求めなくてすむというメリットもあります。


ゲームにドアを実装する際には、衝突判定の実装も重要です。現実世界では物体同士がすり抜けることはありませんが、ゲームの世界では開発者が衝突判定を付与しないと「腕がドアを通り抜ける」といった事態が発生します。


衝突判定の付与は、プレイヤーだけでなく、敵キャラクター・車・馬などゲームに登場する全ての物体を考慮して行う必要があります。


こうしたドアの中でも最も実装難度が高いのが、The Last of Us Part IIに登場するような「見た目だけでなく物理的な動作も現実世界に近いドア」。


The Last of Us Part IIでは、「ドアを開ける」という操作を行うと、キャラクターが「ドアノブをひねる動作」をします。この「ドアノブをひねる動作」が実行されるタイミングが不自然だったり長すぎたりすると、プレイヤーの操作とキャラクターの動作の間に違和感が生まれてしまいます。この違和感をなくすためには「ドアノブをひねる動作」を細かく分割して、いつでも中断できるようにするといった工夫が必要です。


また、The Last of Us Part IIでは「ダメージを負っている場合は、寄りかかるようにドアをあける」といったようにキャラクターの心情や状況によって異なるモーションを割り当てることで、プレイヤーの没入感を高めています。


The Last of Us Part IIには、プレイヤーが操作していないNPCキャラクターがドアを開閉するシチュエーションもあります。この場合では、「プレイヤーとNPCの位置関係」「NPCはドアに鍵がかかっていることを知っているのか否か」「NPCはドアを開けられるのか否か」など非常に多くのことを考慮してドアを実装する必要があります。シン氏は「ゲームに盛り込まれる要素が増えるほど、ドアの実装の複雑さも増します」と述べています。


以上のように現実世界に則した動作のドアを実装するというのは、非常に困難です。しかしVoxは、近年のゲームでは「壁を切りつけたら、壁に切り傷が付く」「夕方になると、逆光で対象物が見えづらくなる」といったリアルを追求した表現が増えていることから、ドアの実装を現実に近づけるというのは、リアルさを追求する上で必要だと主張しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Steamで販売されているゲームで最も多く採用されているゲームエンジンは何なのか?がわかる統計データが公開 - GIGAZINE

70万行以上のコードを20年かけて1人でコツコツ開発してきたゲームプログラマーへのインタビュー - GIGAZINE

「モバイルならではの新しいディアブロの世界をつくる」、Diablo Immortal開発者に新生ディアブロについて聞いてみました - GIGAZINE

なぜLinux環境でゲームを開発するのか?Linuxベースで開発するゲームスタジオへのインタビューが公開中 - GIGAZINE

Amazonの3Dゲームエンジン「Lumberyard」がオープンソース化されることが発表される - GIGAZINE

SteamユーザーのOSシェアでLinuxが約3年ぶりに1%を突破、「Steam Deck」の影響か - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.