ソフトウェア

InstagramとFacebookで「いいね!」数を非表示にする機能が実装へ


Facebookが2021年5月26日付で、InstagramとFacebookの「いいね!」数の表示/非表示を選択制にすると発表しました。「SNSは『いいね!』数を気にしすぎることにより本当に好きなものに集中できなくなる」という点がかねてから指摘されており、今回の仕様変更は、このような指摘に対応した形です。

Giving People More Control on Instagram and Facebook - About Facebook
https://about.fb.com/news/2021/05/giving-people-more-control/

FacebookやInstagramは世界中で広く利用されていますが、一方で若年層のメンタルヘルスへの影響が懸念されています。これらのSNSの投稿は閲覧者が「いいね!」ボタンを押すことが可能であるものの、「いいね!」数を気にしすぎることで心理的負担が増加するという意見もあります。


このためInstagramでは2019年から「いいね!」数を非表示にするテストを開始。ただし、「いいね!」数の非表示はInstagram上で収益化を行うインフルエンサーにとって不都合という声もあり、2021年4月からは「いいね!」数の表示/非表示を選択制にするというテストが行われました。

Instagramの「いいね!」数の非表示を選択制にするテストが始まる - GIGAZINE


そしてFacebookは上記のテストを終了し、2021年5月26日付でInstagram上の「いいね!」数の表示/非表示を選択できるオプションを実装すると発表。Instagramの投稿者は各投稿の「いいね!(Liked by)」の表示箇所をタップして、「カウントを非表示にする(Hide Like Count)」を選択できます。


また「設定」→「投稿」から、自分のタイムライン上に流れてくる他の人の投稿から、カウントを一律に消すことも可能です。


このほか、投稿を共有する前にカウントの非表示を選択できるほか、ライブの実施中でも同様の選択が可能。また、今後数週間で同様の機能をFacebookにも実装する予定とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
最もメンタルヘルスに悪いアプリは「Instagram」 - GIGAZINE

20%以上の若者が1日3時間以上SNSを使用、SNS中毒者はメンタルヘルスのリスクが最大78%も高くなるという研究結果 - GIGAZINE

SNSが若者のうつ病を引き起こしているという追究にFacebookのCEOが回答 - GIGAZINE

SNSが少年少女に与える悪影響には性差や年齢差がある、その詳細とは? - GIGAZINE

SNSを1年やめてみて何が変わったのか、という実際の記録 - GIGAZINE

スマホやSNSを使いまくっても10代のメンタルヘルスは悪化しないという研究結果 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.