サイエンス

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性


「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルムアルデヒドなどの化学物質が含まれています。新たな研究によって、日々の通勤などで1日20分以上新車に乗り続けた場合、ベンゼンとホルムアルデヒドの摂取量が法的に定められたしきい値を超えると判明しました。

Inhalation of two Prop 65-listed chemicals within vehicles may be associated with increased cancer risk - ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S016041202100026X

Commuters are inhaling unacceptably high levels of carcinogens | News
https://news.ucr.edu/articles/2021/02/15/commuters-are-inhaling-unacceptably-high-levels-carcinogens

'New Car Smell' Is The Scent of Carcinogens, And Even Short Trips May Overexpose Us
https://www.sciencealert.com/a-20-minute-commute-puts-you-at-risk-of-unacceptably-high-levels-of-carcinogens

「新車の香りが好き」という声も多く、世の中には新車の香りと銘打つ芳香剤すらありますが、その正体は車内の接着剤やプラスチックに含まれるベンゼンとホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物の香りです。ベンゼンとホルムアルデヒドはどちらも発がん性物質として知られており、とりわけベンゼンは白血病の発生リスクを高めることが証明されており、健康へ多くの悪影響を与えることが知られています

カリフォルニア大学リバーサイド校が行った新たな調査は、新車に乗る際の発がん性物質の吸引量を調べるというもの。カリフォルニア州は1986年に制定した「安全飲料水および有害物質施行法」によってベンゼンやホルムアルデヒドなどを規制していますが、この法律はアメリカが車社会として知られているにも関わらずあくまで一般的な室内のみを想定していたことから、研究チームは「車内」という特殊な条件下における吸引量の調査を行ったとのこと。


調査の結果、車種によって車内の発がん性物質の吸引量は増減するものの、ベンゼンとホルムアルデヒドの2種についてはわずか20分でカリフォルニア州保健当局が限度と定める量を吸引してしまうと判明。都市部での平均通勤時間が「30分」というカリフォルニア州の場合では、人口の60%以上で発がんリスクが10%以上高まっている可能性があると結論づけられました。

論文の筆頭著者であるAalekhya Reddam氏は対策として、乗車中は窓を開きっぱなしにして換気するようにアドバイス。さらに自動車製造業界に対して、より害の少ない代替物を用いるように提言しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
クルマの新車の匂いを太陽の熱で「焼く」ことで消滅させる特許をフォードが出願 - GIGAZINE

自動車による大気汚染の90%がごく一部の車によるものであることが判明 - GIGAZINE

大気汚染がアルツハイマー病などの認知症につながる可能性 - GIGAZINE

in 乗り物,   サイエンス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.