メモ

サイバー犯罪者は2020年だけで少なくとも367億円の暗号資産を稼いだとの報告


暗号資産の不正使用を専門とする調査会社・Chainalysisが、2020年の暗号資産の動向をまとめたレポートを発表しました。その中でChainalysisは、暗号資産が普及するのに伴い犯罪への悪用も増加していることを明らかにしました。

Chainalysis Blog | Crypto Crime Summarized: Scams and Darknet Markets Dominated 2020 by Revenue, But Ransomware Is the Bigger Story
https://blog.chainalysis.com/reports/2021-crypto-crime-report-intro-ransomware-scams-darknet-markets

Ransomware gangs made at least $350 million in 2020 | ZDNet
https://www.zdnet.com/article/ransomware-gangs-made-at-least-350-million-in-2020/

2021年初頭に暗号資産の時価総額が100兆円の大台に乗り上げるなど、暗号資産は近年めざましい発展を遂げています。一方、アメリカの政府高官が2021年1月に「仮想通貨の多くは犯罪組織に使われている」と発言するなど、暗号資産が犯罪に悪用されるケースも多いことが指摘されています。

「仮想通貨の多くが犯罪組織に使われている」とアメリカ財務長官候補が発言、しかし「事実は異なる」という指摘も - GIGAZINE


こうした暗号資産の状況について、Chainalysisは「機関投資家からの需要の高まりが暗号資産市場の隆盛を主導していますが、世界のどこからでも即座に送金できるという暗号資産の利便性は、犯罪者にとっても魅力的です」と述べて、暗号資産がサイバー犯罪に利用されていることを改めて強調しました。

Chainalysisによると、暗号資産にまつわる犯罪の中で最も大きな存在感を示しているのがランサムウェア犯罪だとのこと。2020年に犯罪者がランサムウェアを通じて受け取った暗号資産の金額は、3億5000万ドル(約367億円以上)に上ると見積もられています。

Chainalysisは、「3億5000万ドルと言っても、2020年に犯罪者が受け取った暗号資産の7%に過ぎないので、大げさなようにも聞こえます。しかし、この額は2019年に比べると311%も増加しています。新型コロナウイルス感染症の影響による在宅勤務で多くの組織が新しいネットワークの脆弱(ぜいじゃく)性を抱える中、これほど劇的に増加した暗号資産関連の犯罪は他に類を見ません」とコメントしました。

以下のグラフは、ランサムウェア犯罪により取引された暗号資産の金額の推移を表したもの。ランサムウェアの身代金として支払われた暗号資産の規模は、2019年には1億ドル(約104億)よりも小さなものでしたが、2020年には3倍以上に拡大しました


しかも、「3億5000万ドル」という推定額はあくまで「犯罪に用いられたことが分かっている暗号資産の下限額」から算出されているため、専門家は「実際の被害額は何倍にも膨れあがる可能性がある」と指摘しています。例えば、クラウドストレージサービス関連の情報を扱うCloudwardsは、「2020年にランサムウェアが政府機関や企業にもたらした損害額を合計すると200億ドル(約2兆1001億円)に上る」と主張しています。

by Cloudwards

Chainalysisの調査では他にも、サイバー犯罪者が暗号資産をどのように使っているかも判明しました。かねてから、一部のサイバー犯罪者は入手した暗号資産を「ビットコインミキシング」と呼ばれる手法で合法的な暗号資産と混合させ、その後現実で使われている通貨に換金するという手口でマネーロンダリングしていることが分かっていましたが、ランサムウェアの使用者も同様の手口を用いていることが分かったとのこと。

この調査結果について、Chainalysisは「サイバー犯罪者の多くがビットコインミキシングを活用しているということは、ビットコインミキシングに悪用されているサービスを1つでも差し押さえることができれば、暗号資産を使う犯罪活動全体を混乱させることができるということなので、法執行機関にとっては重要な情報です」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
暗号資産の時価総額がついに1兆ドル(約100兆円)を突破 - GIGAZINE

約160億円相当の仮想通貨が大規模なハッキングを受けた仮想通貨取引所から流出か - GIGAZINE

「仮想通貨の多くが犯罪組織に使われている」とアメリカ財務長官候補が発言、しかし「事実は異なる」という指摘も - GIGAZINE

44億円以上のマネーロンダリングを行った犯罪グループが仮想通貨取引所の独自調査により摘発 - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.