レビュー

Nintendo Switchでサイコロ運を味方に付けてランダム生成されるダンジョンを攻略する「Dicey Dungeons」をプレイしてみた


異なる能力を持つ6人のキャラクターを使って、サイコロの出目に応じて戦いながらダンジョンの最深部を目指すゲーム「Dicey Dungeons」が2020年12月16日にNintendo Switchで登場しました。キャラクターの能力に合わせてデッキを構築する戦略要素と、サイコロの出目という運要素が融合した戦闘がどんなものか気になったので、実際にプレイしてゲーム性を確かめてみました。

Dicey Dungeons ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)
https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000036715.html

Dicey Dungeonsのタイトル画面はこんな感じ。奥にいる人物は、クリアすると願いをかなえられるゲームショー「ダイシーダンジョンズ」を主催しているレディラックです。


初めてDicey Dungeonsをプレイするときは、「戦士」を使ってプレイすることになります。願いをかなえるべく「ダイシーダンジョンズ」に参加した戦士は、レディラックによって、サイコロの姿へ変えられてしまいます。


戦士が挑戦するダンジョンの見た目はこんな感じ。ダンジョンは全部で6階層に分かれており、各階層ごとに配置されているモンスターを倒しながら、赤枠の「出口」から下の階層へと移動し、ダンジョンの最下層に待つボスを倒して願いをかなえてもらうのがこのゲームの目的です。


各マスには自由に移動することができますが、モンスターが配置されているマスには移動することができません。先に進むために、Aボタンを押してモンスターとの戦闘を開始します。


これがDicey Dungeonsの戦闘画面です。プレイヤーのターンでは、画面中央に装備しているアイテムが表示されます。画面左下には、体力値とリミットブレイクを使うためのゲージが表示され、その右側にランダムに振られたサイコロが表示されています。


プレイヤーは1ターンごとに、サイコロを使い切るまで行動することができます。各行動の効果はサイコロの出目によって変化します。例えば、「相手にサイコロの出目+1ダメージを与える」という効果の「剣+」に6のサイコロを使うと、相手に7ダメージを与えることができます。


モンスターもプレイヤーと同じくサイコロの出目に応じて行動するため、運が悪ければモンスターから大ダメージを受けることも。反対にサイコロ運が良ければダメージは低く抑えられます。


ダメージを受けると、画面左下の黄色いゲージがたまり、ゲージが最大までたまると、キャラクターによって異なる「リミットブレイク」を発動することが可能。戦士のリミットブレイクは「次の行動を2回行う」という効果の「激怒」で、うまく使えば一気に形成を逆転することができます。


以下のムービーでは、実際に戦士を使ってモンスターと戦闘する様子を確認できます。

「Dicey Dungeons」の戦士の戦闘はこんな感じ - YouTube


ダンジョン内には装備を購入できるショップや……


装備を強化できる鍛冶屋といった施設が点在しており、自分の戦略にあった装備を購入したり、強化することが可能。


以下がデッキ構築画面です。入手した装備は、画面右下にある「装備中」の欄に納めることで、戦闘中に使用可能となります。それぞれの装備は1マスか2マスの大きさがあるのですが、一度に装備できるのは合計6マスまでなので、戦略に合わせて最適な装備を選ぶ必要があります。


Dicey Dungeonsでは、6人のキャラクターを操作することができます。それぞれのキャラクターの能力はかなり個性的。例えば、通常はターンの開始時に自動でサイコロが振られるのに対し、「ロボット」はZRボタンを押すことでサイコロを1つ振ることができます。


さらに、サイコロの出目に応じて画面右側に配置された「計算ゲージ」がたまっていき、ゲージ右側に表示されている目標値にピッタリ届くと、強力な技を使用することができます。実際にロボットが戦闘する様子は、以下のムービーで確認できます。

「Dicey Dungeons」のロボットの戦闘はこんな感じ - YouTube


他にも、「魔法書」に登録した魔法を使って戦闘する「魔女」など、各キャラクターごとに全く異なる戦闘が楽しめます。魔女は、他のキャラクターのデッキに相当する「魔法書」の構築が非常に重要で、他のキャラクターと比べて、運よりも戦略が重視されるキャラクターでした。

「Dicey Dungeons」で魔女を使って戦闘してみた - YouTube


ダンジョンの最下階層には、強力なボスが待ち構えています。


ダンジョン内で構築したデッキを使ってボスと戦う様子は以下のムービーで確認できます。

「Dicey Dungeons」のダンジョン最下層でボスと戦ってみた - YouTube


また、各キャラクターには、さまざまな条件下でダンジョンに挑戦する「エピソード」が複数用意されています。例えば、戦士に用意されているエピソードの1つ「強欲な呪い」では、最初から強力な装備「バトルアックス+」を所持できる代わりに、ランダムで攻撃が空振りになる「呪い」がかかった状態でダンジョンに挑戦できます。


実際にエピソード「強欲な呪い」をプレイしてみると、サイコロの出目×2のダメージを与えられる「バトルアックス+」は非常に強力ですが、攻撃の空振りが高頻度で発生してしまった上に、サイコロ運も悪かったため、すぐに敗退してしまいました。


Dicey Dungeonsを実際にプレイしみると、デッキを構築する戦略要素と、サイコロを振る運要素がうまく両立されたゲームでした。ダンジョンはランダムで生成され、プレイする度にモンスターの配置や入手できる装備が異なります。また、能力の異なる6人のキャラクターが用意されているので、プレイする度に新鮮なプレイ感覚を楽しむことができます。さらに、使うキャラクターによって、サイコロ運が重視されたり、デッキ構築が重視されたりするため、歯ごたえのある戦略ゲームを楽しみたい人にも、カジュアルな暇つぶしゲームを求める人にもオススメなゲームでした。

Dicey Dungeonsは2020年12月16日よりMy Nintendo Storeで1520円で入手できます。また、PC版をSteamで入手することもできます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Nintendo Switchのゲーム感覚で体を動かしながらカロリーを消費する「Fit Boxing 2」をプレイしてみた - GIGAZINE

PlayStation 5で美少女錬金術士が調合と冒険の日々を送るRPG「ライザのアトリエ2 〜失われた伝承と秘密の妖精〜」プレイレビュー - GIGAZINE

桃鉄シリーズ最新作のNintendo Switch「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」レビュー、過去作そのものなプレイ性に多数の新要素が追加された完全新作 - GIGAZINE

Nintendo Switchで超本格的な米づくりシミュレーションと爽快アクションが楽しめる「天穂のサクナヒメ」プレイレビュー - GIGAZINE

Nintendo Switchで大量の殺人ディスクから逃げながら無限に死を繰り返して探索するアクション「Disc Room」レビュー - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in レビュー,   ゲーム, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.