サイエンス

都市を封鎖するのではなく「人々が都市部から地方へ移動する」ことが感染者数を減らす可能性


新型コロナウイルスのパンデミックに伴って各国では都市封鎖などの対策が実施され、都市部から地方への移動が禁止されました。都市封鎖により多くの人々が新型コロナウイルスから守られたとの研究結果も報告されていますが、新たな研究では「都市から地方へ人が移動することで全体的な感染者数が減る」可能性があると示されています。

Travel restrictions during pandemics: A useful strategy?: Chaos: An Interdisciplinary Journal of Nonlinear Science: Vol 30, No 11
https://aip.scitation.org/doi/10.1063/5.0028091

In a Pandemic, Migration Away from Dense Cities More Effective than Closing Borders - AIP Publishing LLC
https://publishing.aip.org/publications/latest-content/in-a-pandemic-migration-away-from-dense-cities-more-effective-than-closing-borders/

Abandoning Big Cities Beats Closing Borders When Fighting Pandemics, Simulation Shows
https://www.sciencealert.com/abandoning-large-cities-beats-closing-borders-when-fighting-pandemics


パンデミックの際に感染者が増えやすいのは人口密度が高い都市部であり、人口密度が低い地方では比較的感染リスクが低い傾向があります。そのため、都市部の住民の中には「人口密度が低い地方へ移動すれば感染する可能性を下げられるのではないか」と考え、都市封鎖や国境の閉鎖などが行われる前に地方へ移った人もいました。

しかし、地方の人々にとって感染者が多い都市部からの移住者は不安な存在であり、実際に都市部の感染者が地方に移動すれば、これまで感染が抑えられていた地方でも感染が拡大する危険性があります。こうした声を受けて、多くの国々では都市封鎖などの対策を実施して、人々の移動を制限する方針を打ち出しました。

スペインのInstituto de Fisica Interdisciplinar y Sistemas Complejos(学際的物理複合システム研究所)のデータサイエンティストであるMassimiliano Zanin氏らは、感染症の短期的な流行過程を記述するSIRモデルを用いたシミュレーションを実施して、「人口密度が高い地域から人口密度が低い地域へ人が移動したシナリオ」について分析しました。Zanin氏は、「モビリティの欠如を当然のことと考える代わりに、モビリティの変化が感染症の流行にどう影響するのかを調査しました」と述べています。


人口密度が高い都市部から人口密度が低い地方への一方向の移動に焦点を当てたシミュレーションでは、予想通り都市部の感染率が減少した代わりに地方の感染率が上昇しました。しかし、都市部と地方を合わせた全体的な感染率は多くの場合で減少したそうで、都市部から地方へ人々を移動させると感染症の流行が弱まることが判明したとのこと。

たとえば都市部の人口密度を90%、地方の人口密度を10%に設定したシミュレーションでは、人々が移動しないシナリオにおける全体的な感染率が35%でした。この結果に対し、都市部から地方へ一方向的に移動するシナリオをシミュレーションすると、感染率が23%に減少したと研究者は報告しています。

大都市から地方への移動を行うと、小規模なコミュニティに悪影響を及ぼす可能性があります。しかし、新たな転居者に健康診断を実施したり、健康な人のみの転居を許可したり、転居した人が一時的な自主隔離をしたりすれば、悪影響を軽減できると研究者は指摘。その一方で、人々が大都市から地方へ一方向的に移動するのではなく、大都市と地方を何度も行き来した場合は、人口密度減少のメリットが減少して感染が拡大する結果も見られたそうです。


今回のシミュレーションは状況を単純化したモデルによるものであり、複雑な現実世界のシナリオに直接適用できるとは限りません。現実世界では単純な感染率だけでなく、さまざまな経済・社会的要因を考慮する必要があり、都市の人々が地方への移動を容認するかどうか、そして地方の人々が都市部の住人を迎えるかどうかも重要です。Zanin氏によると、今回の結果を独自に解釈して「都市封鎖を行った政府は間違っていた」と主張する人もいるそうですが、Zanin氏は政府の政策について賛成も反対もしていないと述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「50日の都市封鎖と30日の制限緩和」を繰り返すことで新型コロナウイルス感染症の流行を抑制できるとの研究結果 - GIGAZINE

社会的距離を取る施策の経済的ダメージと救われた命の費用対効果を計算すると約560兆円の利益になると研究者が主張 - GIGAZINE

景気の後退は死者数を増加させるのではなくむしろ減少させるとの指摘 - GIGAZINE

5億3000万人もの人々がロックダウンなどにより新型コロナウイルスから守られたとの研究結果 - GIGAZINE

厳しい都市封鎖では新型コロナウイルス感染症の拡大を防げなかったという南アフリカのデータ - GIGAZINE

一定割合の人がマスクをすれば新型コロナウイルス感染症の流行は抑えられるという研究結果 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.