ネットサービス

コロナ禍で「Amazonの偽レビュー」が全体の42%に達したという報告


2020年3月頃から生じた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを受けて、Amazonの「偽レビュー」の件数が急増し、全体の42%に達したとeコマースに関する市場分析企業Fakespotが報告しました。

Amazon.com (AMZN) Fake Reviews Reach Holiday Season Levels During Pandemic - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-10-19/amazon-fake-reviews-reach-holiday-season-levels-during-pandemic

Amazon fake reviews reach holiday season levels during pandemic
https://techxplore.com/news/2020-10-amazon-fake-holiday-season-pandemic.html

Amazonのカスタマーレビューは商品を購入した人からの評価を教えてくれる便利なシステムですが、近年そのシステムを逆手にとった「偽レビュー」が多数投稿されており、もはやAmazonのレビューから「真の評価」を知ることは困難な状況です。こうした偽レビューの手口は巧妙化しており、ボットなどによる投稿で製品評価を不当に稼ぐというものや、無料の商品提供や報酬などと引き換えに好意的なレビューを投稿してもらう「ステマレビュー」もあります。


こうした偽レビューを判定するChrome拡張機能を提供しているFakespotは、偽レビューの割合に関する調査を実施。2020年3月から9月に投稿されたAmazonレビュー約7億2000万件を判定したところ、「約42%は信頼性が低い」という結果が得られたとのこと。2019年の同期間に投稿レビューで「信頼性が低い」と判定されたのは36%だったため、この42%という割合は特に高いといえます。Fakespotのサウド・カリフCEOFakespotのサウド・カリフCEOは「(特に偽レビューが増える)ブラックフライデーやクリスマスでしか見たことがない数値」と言及しています。

Fakespotによると、今回の調査結果では、COVID-19のパンデミックに関するロックダウンと連動する形で偽レビューの急増が確認されたとのこと。2020年の同期間にウォルマートに投稿された偽レビューの割合は前年同期とほぼ同等だったため、2020年の偽レビューの急増はAmazon特有の現象かもしれないと示唆されています。2020年では特に偽レビューが多かった理由について、カリフCEOは「COVID-19のパンデミック中は、消毒剤やマスクなどの需要が急増し、信頼度の低いレビューが増加したため」と指摘しました。


Fakespotと同様に、Amazonの偽レビューを判定するサービスを提供しているReviewMetaも、2020年度に特に信頼できないレビューが急増したことを報告しています。しかし、ReviewMetaの創立者であるトミー・ヌーナン氏は「パンデミックが原因ではない」と指摘。真の原因は、Amazonが新たに導入した、感想を投稿しなくとも星を付けられる「ワンタップ評価」だと主張しました。

ヌーナン氏によると、ワンタップ評価は「評価が送信された日付」「評価を送信したユーザー」「当該商品を評価したユーザーが他に評価した商品」などの情報が秘匿される上に、感想がある場合の星は平均4.3個である一方、ワンタップ評価で付けられた星は平均4.6個と、「良い評価の付けられやすさ」に差があるとのこと。こうしたことから、ヌーナン氏はワンタップ評価がレビューの価値をねじ曲げていると主張しています。


今回の調査について、Amazonの広報担当者は「レビューシステムを悪用しようとしている『悪意のあるユーザー』の存在は認識しており、レビューの整合性を保護するためにリソースを投じています」「ワンタップ評価は製品を購入したユーザーから本当の評価を得られるように作成されました。ワンタップ評価によって、詳細なレビューを書かなくとも商品に星を付けられるようになったため、手軽に他のユーザーを手助けすることができます」とコメントしました。

カリフCEOは、年末のホリデー商戦に向けて偽レビューが増加するという過去の傾向から、2020年も年末に向けて偽レビューの割合がさらに増加するだろうと指摘しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Amazonの不正レビューを判定するだけではなく「なぜ不正レビューと判定されたのか」も詳しく教えてくれるネットサービス「ReviewMeta」 - GIGAZINE

Amazonのレビュアーランキング上位10名中7人が「ステマレビュー」を投稿、Amazonは2万件のレビューを削除 - GIGAZINE

Amazonの不正レビューを一発で判定して「真の評価」を教えてくれるアプリ「レビュー探偵」 - GIGAZINE

実用性重視のデザインが人気のAmazonオリジナル卓上カレンダー2021年版レビュー、その完成度に大きく変化アリ - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.