動画

トラウマ映画「セブン」のデヴィッド・フィンチャー監督新作、ゲイリー・オールドマン主演の「Mank/マンク」予告編が公開中


映画「セブン」や「エイリアン3」「ファイト・クラブ」「ゴーン・ガール」などのデヴィッド・フィンチャー監督が名作「市民ケーン」の脚本家であるハーマン・J・マンキーウィッツを描くNetflix新作「Mank/マンク」の予告編が公開されました。市民ケーンは高く評価され第14回アカデミー賞では9部門にノミネートされるものの、映画のモデルとなった新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストの上映妨害運動があり脚本賞の受賞のみにとどまった作品。アルコール依存症に苦しみながら脚本を書き上げるマンキーウィッツをゲイリー・オールドマンが演じます。

MANK | Official Teaser | Netflix - YouTube


モノクロ映像の上に「もうすぐ近くの劇場で見られる!」という文字が重なり、予告編は市民ケーンが公開された1940年代そのものの雰囲気。


病床に伏すマンク(演:ゲイリー・オールドマン)の元にある男が訪れます。


「我々が話す時がやってきた」……と過去を振り返っていきます。


「NORTH VERDE RANCH」(北ベルデ牧場)と書かれた場所に訪れる2台の車。


松葉杖をつく女性が建物の敷地内へ。


ベッドから「入ってきなさい」と伝えられます。


巨大な屋敷と……


盛大なパーティー


市民ケーンのモデルとなったハースト(演:チャールズ・ダンス)と……


映画女優マリオン・デイヴィス(演:アマンダ・サイフリッド)


寄り添う二人。


そしてひたすら執筆を続けるマンク。


「あなたは飲酒で自殺しようとしている」といわれるほどに大量の酒を飲んでいたマンクは、世話が必要になるほどの状態。


ハーストとデイヴィスのロマンスが繰り広げられる一方で……


「君にセカンドチャンスをやったんだ」といわれたマンクには後がない様子です。


「いかに富が影響を与えるのか」


取りつかれたように執筆を続けるマンク。


車から降りてきたのは……


デイヴィス。


「君はウィリアムと戦うことを選んだんだ」


「終わりだ」


眠るマンクの手から酒瓶が転げ落ちます。


なお、Mankは2020年11月にアメリカの劇場で順次公開され、12月4日からNetflixで配信される予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
みんなにトラウマを植え付けた映画「パンズ・ラビリンス」の知られざる7つの真実 - GIGAZINE

映画に出てくるエレベーターの描写に本職がツッコミを入れまくるとこうなる - GIGAZINE

大ヒット映画に共通するストーリーの流れとは? - GIGAZINE

飛び上がるほど恐ろしいシーンを40本の映画から集めた「This Supercut Will Make You Jump」 - GIGAZINE

美麗な宇宙空間のシーンを映画から集めた「CINEMA SPACE TRIBUTE」 - GIGAZINE

無料で著作権切れの映画を見放題な「Public Domain Movies」が登場 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.