メモ

新型コロナウイルスによって「喫煙者の6人に1人が禁煙した」という報告


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の総感染者数が30万人、死亡者数が4万5000人を記録したイギリスで、「100万人以上が喫煙をやめた」という調査結果が報告されました。「喫煙が呼吸機器に与える負担がCOVID-19を悪化させる」という懸念から、タバコをやめる人々が急増しています。

A million people have stopped smoking since the COVID pandemic hit Britain - Action on Smoking and Health
https://ash.org.uk/media-and-news/press-releases-media-and-news/pandemicmillion/

タバコは肺がんを始めとするさまざまながんや脳卒中、心疾患を引き起こすことが知られてきましたが、COVID-19に関する研究が進む中、新たに「喫煙がCOVID-19の重病化リスクを高める」という研究結果が多数発表されています。

「喫煙は新型コロナウイルス感染症の重病化と関係している」という複数の研究結果、「生き延びたいなら100%禁煙しろ」と主張する専門家も - GIGAZINE


このような研究結果を受け、WHOなどもCOVID-19対策として「禁煙」を推奨。日本呼吸器学会も、「喫煙は新型コロナウイルス肺炎重症化の最大のリスク」として、禁煙を強く勧めています。

新型コロナウイルス感染症とタバコについて
(PDFファイル)https://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/koronatotabako.pdf


こういった流れの中、COVID-19が猛威を振るったイギリスにおいて、禁煙が盛んになっているという報告が上がっています。タバコに関する公衆衛生団体Action on Smoking and Health(ASH)とユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの合同調査によると、COVID-19の流行以来、イギリスで禁煙している人は100万人以上に達したとのこと。年齢別にみると、16歳~29歳の年齢層では約40万人、30歳~49歳では約40万人、50歳以上の年齢層においては約24万人が禁煙したそうです。なお、50歳以上の禁煙者数が少ないのは、元々の喫煙率が低いためとのこと。また、禁煙を試みたが失敗したという人の総数は約44万人に達するそうです。

イギリス国家統計局の(PDFファイル)タバコに関する統計調査によると、2018年時点のイギリスの喫煙率は14.4%、喫煙者数は590万人でした。そこから換算すると、COVID-19の流行によって、およそ6人に1人が禁煙している計算です。


COVID-19の問題を契機に、ASHは禁煙を呼びかけるキャンペーンを展開する予定とのことで、同団体のデボラ・アーノット代表は「100万人以上が禁煙に成功したとみられていますが、いまだに喫煙を続けている人は何百万人もいます。新たに実施される禁煙キャンペーンは、まだ禁煙を成功させていない人々に『今日こそが禁煙する日だ』と決断するよう促すことを目的としています」とコメントしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
不要不急の外出を控えて社会的距離を保つと新型コロナウイルスの流行はどの程度抑えられるのか? - GIGAZINE

新型コロナウイルスの「心臓への影響」は医師の予想に反していた - GIGAZINE

10代の子どもは新型コロナウイルスを大人と同じくらい広めると研究で示される - GIGAZINE

新型コロナウイルスは感染から2カ月たっても呼吸困難・胸痛・関節痛といった症状が続く - GIGAZINE

「新型コロナウイルスの免疫は数週間しか続かない」という新たな研究結果 - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染リスクの高い高齢者ほど感染対策を行っているのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.