動画

「スタートアップが資金難でも可能性を信じている時に何ができるのか?」ということで着こなし共有アプリ「Chicisimo」が買い手を募集中

By rawf8

0からスタートしてわずか数年で400万人のユーザーを獲得した着こなし共有アプリ「Chicisimo」は自分の着こなしを共有して他人に評価してもらえるほか、持っている服をアプリに登録することで、コーディネートの提案を受けることができるサービスが画期的だと評価されています。しかし、Chicisimoの運営資金が不足しているとのことで、Chicisimoの設立者ガブリエル・アルダミズ氏は「スタートアップが運営資金を使いきってしまい、それでも可能性を信じている時に何ができるのか?」と題する記事を掲載しています。

How to proceed when you run out of cash, but you still believe?
https://medium.com/@aldamiz/how-to-proceed-when-you-run-out-of-cash-but-you-still-believe-76de86b839f2

いかにChicisimoが分析と計算に基づいて設計され、開発プロセスが進められていったのかは、以下の記事から読むことができます。

0からスタートして400万人のユーザーを獲得した着こなし共有アプリ「Chicisimo」はどのようにして開発されたのか? - GIGAZINE


「私たちの潜在的な買い手に手を伸ばすという形で、今日、私たちはこれまでとは別の戦いを始めます。最初のステップは私たちのビジョンをできるだけ多くの人と共有し、私たちの資産とチームを説明することです。なぜなら、私たちはまだ信じているからです」……ということで、アルダミズ氏が取った方法とは、自らのサービスを売りに出すということ。アルダミズ氏はChicisimoが持つユニークな技術について、以下のように説明しています。

Chicisimoが人気を集め広く使われることになった理由の中核は、「衣服を分類し、ユーザーの好みを理解する」というシステムにあります。これまでのファッションにおいて、服を分類する基準は曖昧でした。そこに目をつけたアルダミズ氏らは、ファッション製品を扱う小売業者の類似点や相関関係などを、自動的に認識、管理、実行するシステムを構築しました。また、Chicisimoのユーザーによってシステムにアップロードされた何百万ものファッション製品や、ユーザーがよく身につけているファッション製品の傾向を分析した結果をシステムに反映させることで、ユーザーの好みに合わせて、おすすめのファッション製品を整理して表示できるようにしたとのこと。アルダミズ氏はこのシステムを「服装を理解する脳のようなもの」と語っています。


システムでは、各ファッション製品をメタデータにすることで、整理・分類しています。このメタ製品は、ファッション製品の色・服の種類・襟の形・雰囲気・用途・サイズ・素材といった属性が付与されています。たとえば黒いスクールセーターであれば、黒+セーター+Vネック+カジュアル+学校用+サイズ42+カシミアのようなメタデータのセットが作成されます。ファッション製品そのものは短命ですが、ファッション製品が持つメタデータを収集することは、ユーザーの好みの傾向を把握するのに役立つとのこと。

Chicisimoは、音楽配信サービスでいうとSpotify、動画配信サービスでいうとNetflixのようなものだとアルダミズ氏は語っています。

また、アルダミズ氏はChicisimoの活用方法をムービーで紹介しています。Chicisimoは、AIアシスタントのAlexaとも連携でき、以下のムービーではAlexaを通してChicisimoでおすすめのコーディネートを選んでもらう様子が紹介されています。

In-Bedroom Fashion Stylist - Fashion Taste API - YouTube


女性がAlexaに「黒いジャケットを使ったオフィス向けのコーディネートを探して」と言うと……


画面に黒いジャケットを使ったコーディネートが表示されました。


続いて女性が、Alexaに「クローゼットにある服は着れる?」と聞くと……


女性のクローゼット内にある服と靴、サングラスを組み合わせたコーディネートを表示します。忙しい朝でもコーディネートに困ることなく着替えられそうです。


また、QRコードからファッション製品をデジタルクローゼットに追加する様子も紹介されています。記事作成時点のChicisimoにもデジタルクローゼットのサービスはありますが、外部企業などと提携してファッション製品にあらかじめQRコードを付与できるようになれば、ユーザーが服を手軽にデジタルクローゼットへ登録できるようになります。

Adding clothes to a Digital Closet - FashionTasteAPI - YouTube


ユーザーがスマートフォンをスカートのQRコードにかざすと……


商品名・画像・色・カテゴリが追加されました。


デジタルクローゼットに追加されたスカートをタップすると……


おすすめのコーディネートを確認することができます。


おすすめのコーディネートを表示する機能は、デジタルクローゼット内の服だけの組み合わせではないようです。外出中でもデジタルクローゼットを確認できるので、QRコードがあれば、購入前の服でも自分が持っているファッション製品との組み合わせを考えながら買い物することもでき、非常に便利です。

In-Store Outfit Recommender - Omnichannel retail Example- Fashion Taste API - YouTube


店内の商品につけられたQRコード


読み取ると……


商品とのコーディネートを確認することができます。


店舗の商品にQRコードを付与するといったサービスはアイデア段階ではあるものの、実行可能なサービスであるとアルダミズ氏は述べています。アルダミズ氏は、さまざまな企業に提携を持ちかけており「Chicisimoが提供できるサービスに少しでも興味があるなら、私にメールしてください」と述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
資金調達に失敗して大炎上の末CEOが辞任したWeWorkが正式に上場申請を撤回 - GIGAZINE

スタバは1700億円近くも客からお金を借りている「金融王者」だという指摘 - GIGAZINE

2ちゃんねる開設者のひろゆきが買収した「4chan」が資金不足で閉鎖の危機 - GIGAZINE

ITスタートアップの資金調達と資金回収を時系列に図表で読み解くとこうなる - GIGAZINE

起業したゲーム会社を7年倒産させなかった社長たちのノウハウとは? - GIGAZINE

in 動画, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.