ネットサービス

Google社屋に「終了したGoogleサービス」の墓が本当に登場

by tazzanderson

Googleはこれまで検索エンジンのほかにGmailやGoogle アナリティクス、Googleドキュメントなど多くのサービスを提供していますが、すべてのサービスが成功したわけではなく、中には惜しまれながら提供を終了したものもあります。シアトルにあるGoogleの社屋内に「終了したGoogleサービスの墓場が登場した」と話題になっています。

Google finally gives Reader the respect it deserves with an actual gravestone - The Verge
https://www.theverge.com/tldr/2019/10/4/20899198/google-reader-gravestone-crypt-rip-picasa-buzz-wave-orkut


「気味悪いのか、それともただ悲しいのかわからない」というツイートと共に写真を公開したのは、Google Chromeの開発スタッフであるダナ・フリード氏。写真にはPicasaGoogle BuzzGoogle リーダーGoogle waveGoogle+など、すでに提供が終了したGoogleサービスの名前とロゴが刻まれた墓石が写っています。


墓石は10月末のハロウィンに向けて用意されたもので、シアトルにあるGoogleフリーモント・キャンパスのメインロビーに設置されたとのこと。

フリード氏は「Rest in pieace,G+(Google+よ、安らかに)」と、2019年4月にサービス終了したばかりのGoogle+に哀悼の意を表しています。


リプライ欄には、2019年に提供が終了したばかりのメールアプリの「Inbox」がないことに衝撃を受ける人が複数いました。


「私の心は再びGoogleリーダーに涙しています」


「完全に死んでしまったgoo.glが忘れられています」と、2019年3月に終わったURL短縮サービスの墓石がないことを指摘する人もいました。


なお、墓が作られたのはGoogleが終了したサービスのごく一部であり、これまでGoogleが提供を終えたすべてのサービスは非公式サイトの「Google Cemetery」でチェックすることができます。

Googleの終了したサービスやプロジェクトを弔うGoogleサービスの墓場「The Google Cemetery」 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleの消えたサービス・製品まとめ、存在すら忘れられていそうなものも - GIGAZINE

50万人のユーザー情報が流出したGoogle+がサービス終了、利用低調を理由にするも別の理由が指摘される - GIGAZINE

Googleがメールアプリ「Inbox」を廃止へ - GIGAZINE

GoogleのURL短縮サービス「URL Shortener」が2019年3月30日で終了 - GIGAZINE

GoogleのRSSリーダー「Googleリーダー」が7月1日でサービス終了 - GIGAZINE

Googleの終了したサービスやプロジェクトを弔うGoogleサービスの墓場「The Google Cemetery」 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.