レビュー

iPhoneでGoogleマップの検索結果からYahoo!カーナビの経路案内をスタートするiOSショートカットが超便利


Googleマップは2019年3月頃からそのサービス内容を一新することを発表しました。しかしその一方で、Googleマップの地図データが住宅地図大手のゼンリンのものではなく、Googleが自前で用意したものに変更されたというウワサがあり、Googleマップの経路案内精度が落ちたと報じられています。しかし、Googleマップの検索能力は高く、スマートフォンから地図を参照すると非常に便利なのも事実。そこで、プログラマのOtchyさんが、Googleマップの検索能力を使いながら、ナビゲーションはYahoo!カーナビに委ねるためのiOSショートカットの設定を公開しています。

Google Maps の検索結果から Yahoo! カーナビで経路案内できる iOS ショートカット - Qiita
https://qiita.com/otchy/items/79184c6124c683509aeb



ショートカットを利用するためには、事前にYahoo!カーナビのアプリをインストールする必要があります。

「Yahoo!カーナビ」をApp Storeで
https://apps.apple.com/jp/app/id890808217


「入手」をタップして、アプリをダウンロードし、インストールします。


次に、ショートカットの設定をインストールします。Otchyさんの記事にある「ショートカットのインストール用リンク」のv2にあるURLをタップします。


リンク先にある「ショートカットを入手」をタップ。


「許可」をタップ。


ショートカットの起動を確認されるので、「開く」をタップします。


ショートカットが起動するので、「ショートカットを取得」をタップ。


ショートカットのライブラリに「Y!カーナビで経路案内 v2」が登録されました。


中を見てみると、こんな感じ。Googleマップのアプリでは、iOSの「シェア」アイコンから他アプリに特定位置のURL・住所・施設名などを譲り渡すことができますが、Otchyさんの記事によると、「Y!カーナビで経路案内 v2」は位置情報からURLだけをピックアップし、そのURLの中から緯度と経度を抽出してYahoo!カーナビのアプリに渡すという内容になっています。


実際に使ってみます。例えばJR京都駅に向かいたい場合、まずGoogleマップアプリでJR京都駅を表示し、右上にある「シェア」のアイコンをタップします。


下のメニューから「ショートカット」をタップ。


起動したショートカットのライブラリから「Y!カーナビで経路案内 v2」をタップします。


ショートカットで自動的に処理が始まります。全ての処理が終わったら「開く」をタップします。


すると、以下のようにYahoo!カーナビに目的地を渡すことができました。Googleマップの検索機能とYahoo!カーナビの経路案内機能をあわせて使うことができるので、iPhoneやiPadをカーナビとして普段から活用している人にはお役立ちなショートカットだといえます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleマップにバスの遅延情報や公共交通機関の混雑状況を表示する機能が追加される - GIGAZINE

Googleマップ上の店舗情報などは偽情報だらけと報じられる - GIGAZINE

Googleマップに「最短ルートを外れた」ことを通知してタクシーのぼったくりを防ぐ機能が登場 - GIGAZINE

Googleが映像からリアルタイムで動く人物を消し去る技術を開発、ムービーが公開中 - GIGAZINE

Googleが位置情報とウェブ&アプリのアクティビティ管理の自動削除機能導入を発表 - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.