ハードウェア

AmazonがARヘッドセットで配達ルートを示す技術を開発

by mali maeder

荷物を配送する配達員が活用するためのARシステムの特許を、2019年8月6日にAmazonが取得しました。AmazonのARヘッドセットは配達員により効率的なルートを示すほか、「番犬注意」「エントランスまでの道のり」といった地図にはないヒントなども表示してくれるようになっています。

Augmented reality assisted deliveries - Amazon Technologies, Inc.
http://www.freepatentsonline.com/10373377.html

Amazon lays out a technology to guide delivery agents with augmented reality – GeekWire
https://www.geekwire.com/2019/amazon-lays-technology-guide-delivery-agents-augmented-reality/

Amazonのビジネスの成功の鍵の1つは梱包や配達のシステムにあり、その物流拠点には多くの最新技術が導入されています。

日本の物流を支配するAmazonの最先端ロボット「Amazon Robotics」が導入されたアマゾン茨木フルフィルメントセンター潜入レポート - GIGAZINE


玄関先まで無人で荷物を届ける配達ロボットも開発中のAmazonですが、特許資料から新たに、Amazonが配送システムでのARの活用を視野に入れていることが明らかになりました。Amazonの考案するARヘッドセットは、配達員に対し、最適なルートや駐車場を示してくれるというものになっています。


ARによる配送システムはAmazonのソフトウェアエンジニアであるRobert Niewiadomski氏が発明したもの。Niewiadomski氏は2016年に提出した特許資料に「熟練の配達員はナビゲーションアプリが作成したルートではなく、実際の配達地域やルートから学びます」「しかし、新しい配達員や別の地域の配達員は、道の情報や認識の欠落により、このような配達員のように効率的に配達することができない可能性があります」と記しており、この問題を解決する手段としてARを使うというアイデアとなっています。

AmazonのARシステムは、配送がどのようなルートで行われたのかという情報をサーバー側がトラッキングし、実際のルートを過去に行われた配送ルートと照合するもの。配達員は発見したルートや情報を配送に生かすべくデータベースに追加することができます。これにより、別の配達員が仕事にあたっている時に、「注意すべき点」「配送のヒント」といった内容をARで表示することも可能とのこと。「番犬に注意」という表示やマンションのエントランスまでのルートなど、通常のマップには出ない内容も示すことができます。


AmazonがARシステムを現実の配送に組み込むかどうかは記事作成時点では不明。なお、AmazonはARシステムの特許に関してコメントを行っていないとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Amazonが誤って140万円のカメラレンズを1万円で販売、キャンセルなしで実際に配送が行われる - GIGAZINE

Amazonが玄関先まで無人で荷物を届ける配達ロボット「Scout」を発表 - GIGAZINE

「Amazonによる市場独占は何が問題なのか&どう行われているのか?」を専門家が解説 - GIGAZINE

Amazonの配達員が荷物をポイポイ投げまくり - GIGAZINE

Amazonのドローン配達が実現に向けて一歩前進 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.