ソフトウェア

Instagramインフルエンサーは急激に力を失いつつある

by Eaters Collective

「写真編集に力を入れたSNS」としてスタートしたInstagramですが、Facebookに買収されて以降は広告プラットフォームとして活用されることが急増しました。そんなInstagramインフルエンサー投稿のエンゲージメント率が2016年以降減少し続けており、特に2019年に入ってからの減少率が顕著であるとするレポートが発表されています。

Instagram Brand Engagement: The Latest Statistics - Trust Insights Marketing Data & Analytics Consulting
https://www.trustinsights.ai/blog/2019/06/instagram-brand-engagement-the-latest-statistics/

Instagram Brand Engagement: The Latest Statistics – Christopher Penn – Medium
https://medium.com/@cspenn/instagram-brand-engagement-the-latest-statistics-3a269e9a1c75

InfluencerDB_Influencer-Marketing-Benchmarks-Report-2019.pdf
(PDFファイル)https://cdn2.hubspot.net/hubfs/4030790/MARKETING/Resources/Education/E-Books/Influencer%20Marketing%20Benchmarks%20Report%202019/InfluencerDB_Influencer-Marketing-Benchmarks-Report-2019.pdf

Instagram influencer engagement hovers near all-time lows, study says | Mobile Marketer
https://www.mobilemarketer.com/news/instagram-influencer-engagement-hovers-near-all-time-lows-study-says/558331/

インフルエンサーマーケティング会社であるInfluencerDBによるとインスタグラマーに対して企業が広告を依頼する「スポンサード投稿」のエンゲージメント率が2019年第1四半期は2.4%となっており、これは3年前同期の4%という数字から4割以上減少したことを意味するとのこと。またスポンサードではないインフルエンサーの投稿については4.5%から1.9%にまで減少していることが示されました。

最低1万人のフォロワーを抱えるインフルエンサーの平均エンゲージメント率は3.6%ですが、5000~1万人のフォロワーを抱えるインフルエンサーのエンゲージメント率は6.3%と高く、1000~5000人のフォロワーを抱えるインフルエンサーは8.8%。フォロワー数の少ないマイクロ/ナノインフルエンサーになるほど、エンゲージメント率は高くなる傾向にあります。

カテゴリ別で分けてみると、全体としては美容・ファッション・スポーツ・フード・ライフスタイル・フィットネスなど全てのカテゴリにおいてエンゲージメント率が下がっており、特に高いエンゲージメント率を誇っていた旅行分野が8%から4.5%にまで減少しています。なお、InfluencerDBはフォロワー数と各投稿の平均「Like」数からエンゲージメント率を算出しているとのこと。

by NeONBRAND

モバイルマーケティングの担当者にとっていいニュースは、スポンサー付きの投稿がスポンサーなしの投稿に比べて高いエンゲージメント率を生み出しているということ。これはインフルエンサーがスポンサー付きの場合は高品質の投稿を行うことから、Instagramのアルゴリズムがスポンサー付き投稿を優先するためだとみられています。一方で、Instagramがスポンサー付きコンテンツであふれることによって、全体としてのエンゲージメント率が減少しているという点は考慮すべき点です。

さらに、マーケティング会社Trust Insightsが発表したレポートでも、同様の減少傾向が示されています。例えばファッション業界におけるInstagramインフルエンサーの平均エンゲージメント率をグラフで可視化するとこんな感じ。波はありますが2019年5月ごろからガクッとグラフが下がり始めているのがわかります。


また、Instagramでのブランドの平均エンゲージメント率を示したグラフが以下。これも2019年5月頃から低下傾向がみられます。なお、この調査は1万2451人から853万人のフォロワーを持つInstagramアカウントを対象とし、「投稿に対するエンゲージメント総数/投稿時のフォロワー規模」でエンゲージメント率を求めたもの。


Trust Insightsはエンゲージメント率の減少傾向について「APIの変更などFacebookの開発者ブログから示されるものはない」と示しています。よりエンゲージメント率を上げる方法として「ストーリーでの投稿」「他のプラットフォームやメールからのリンクといった外部の手法と組み合わせる」といった方法を取る人も存在するとTrust Insightsは述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
InstagramなどのSNSのユーザーは美容整形を検討する傾向がある - GIGAZINE

Instagramのために服を買い撮影後に返品するケースが続出、10人に1人は「SNS目的」 - GIGAZINE

Instagramのインフルエンサー数百万人分の連絡先情報が流出 - GIGAZINE

Instagramの創設者2人が突然辞任した背景には何があったのか? - GIGAZINE

Instagramを使って「おこづかい稼ぎ」をする10代の若者が増加中 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.