試食

「ラブライブ!サンシャイン!!」の「ヨキソバ」&3つのユニットをイメージした特製ドリンクを「AnimeJapan 2019」で堪能してきた


AnimeJapan 2019では多数のアニメ作品で胸をいっぱいにするだけでなく、おなかもいっぱいにできるフードパークが開設されています。AnimeJapan 2019ではコラボメニューとして「ラブライブ!サンシャイン!!」のテレビアニメ劇場版からそれぞれドリンクとフードが提供されていたので、実際に食べてきました。

フードパーク|AnimeJapan 2019
https://www.anime-japan.jp/main/foods/

AnimeJapan 2019のフードパークは東7ホールにあります。


ノンコラボフードもさまざまな店が出店していました。


目当てのラブライブ!サンシャイン!!のドリンクを提供する「浦の星女学院 キッチンカー」を発見。なぜか車内の電気は消えていますが、尋ねてみたところ「車内灯をつけるにはエンジンをかけないといけない」とのことで、今回は車内は暗いまま開店しているそうです。


今回はコラボドリンクとして、「AZALEA」「Guilty Kiss」「CYaRon!」のそれぞれのグループカラーをイメージしたドリンクが販売されていました。今回は「ギルティなキス」とは一体どんな味なのか気になったので、「Guilty Kiss」のドリンクを注文してみます。


同様にSUN!SUN!サンシャインCafeでもお目当てのメニューを購入します。


各店舗の店頭には割り箸・お手拭き・消毒用アルコールが置いてあり、セルフサービスになっていました。


というわけで注文したコラボメニューはこんな感じ。


こちらが「SUN!SUN!サンシャインCafe WAKU-WAKU-WAGON ヨキソバ」(税込1000円)です。ヨキソバとは「渡辺曜ちゃん特製焼きそば」のことで、オムそばにケチャップで渡辺曜のサインが書かれた一品なのですが、提供時は器にフタがついているため、そのフタの裏にケチャップがついてしまい、サインは崩れ気味。


メニューを注文すると、特製リバイバルフードコースターがついてきます。全4種からランダムで1種類がもらえて、今回は夏の水着回をテーマにしたコースターをゲット。


それでは実際にヨキソバを食べてみます。中を割ってみると、ソースの色合いが強めの焼きそばがチラリ。


食べてみると、濃厚なソースの味わいがしっかり絡んだ焼きそばになっています。焼きそばの味わいがしっかりしすぎているせいか、薄焼き卵のインパクトは薄め。時折キャベツのシャキシャキとした食感が楽しめる一品でした。


「ラブライブ!サンシャイン!! Guilty Kiss イメージドリンク」(税込600円)はこんな感じ。アイスコーヒーにティラミスシロップを入れて、カラースプレーがかかったホイップが表面に浮いたドリンクです。


実際に飲んでみると、苦みが強く酸味は控えめなブラックコーヒーになっていました。ホイップにかかったカラースプレーは味はないものの、「パチパチ」というザラメのような食感。カラースプレーだけでなく、ホイップにも甘さはなく、ブラックコーヒーの苦さからの逃げ道はありません。「なるほど、罪の味とは苦いんだな……」と感じられるドリンクでした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「AnimeJapan 2019」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「オトナになるって痛いよね」がキーワードの新作ゲームプロジェクトをディライトワークスが発表 - GIGAZINE

盤上の聖杯戦争「Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-」のマスター7人の姿が明らかに - GIGAZINE

in 取材,   試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.