サイエンス

昼寝をすると血圧が下がり心臓病のリスクが減る

by amma_maw

高血圧は脳卒中・心不全などの様々な心臓病・腎不全などのリスクを増大させ、長期的には健康にかなりの影響があります。昼寝は日ごろの疲れや眠気を少しでも解消するには効果的ですが、血圧を引き下げるのにも大きな効果があるとアメリカ心臓病学会が報告しています。

A Nap a Day Keeps High Blood Pressure at Bay - American College of Cardiology
https://www.acc.org/about-acc/press-releases/2019/03/07/08/56/a-nap-a-day-keeps-high-blood-pressure-at-bay


A nap a day keeps high blood pressure at bay: Catching some midday shut-eye linked to similar drops in blood pressure seen with other lifestyle changes, some medications -- ScienceDaily
https://www.sciencedaily.com/releases/2019/03/190307081029.htm

平均血圧129.9mmHg、平均年齢62歳の男女212人を被験者として実験は行われました。被験者は携帯型の血圧測定器を装着して、普段通りに生活しながら血圧、脈波伝播速度動脈壁硬化度を測定。同時に昼間の睡眠時間や生活習慣などの調査も行いました。

by Simon James

24時間の測定結果から、昼寝した人は昼寝していない人に比べて、24時間平均の収縮期血圧が平均5.3mm Hgほど低くなったことがわかりました。この下がり幅は、塩やアルコールの節制時や高血圧治療薬の少量服用時のものに匹敵するとのこと。また、1時間昼寝するごとに、昼寝後の24時間の間、24時間平均の収縮期血圧が3mmHg低下しました。また、昼寝した人もしていない人も夜間睡眠時には同程度血圧が下がっており、昼寝による血圧降下は確からしいとしています。

この研究を行ったギリシャのアスクレペイオン病院で心臓専門医を務めるマノリス・カリストラトスさんは「2mmHgの血圧低下というと一見大したことがないように聞こえますが、心臓発作のような心血管に関連する病気のリスクを10%も引き下げうるほど大きい効果があります。そして何より、昼寝はお金がかかりません。何時間も昼寝することは推奨できませんが、短い仮眠に罪悪感を感じる必要はありません」と述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「寝だめ」の効果はごく一時的なもの、20分昼寝したほうがまだ効果的との専門家の意見 - GIGAZINE

一切眠らずに生きていける動物は存在するのか?ハエやクラゲも眠ることが明らかに - GIGAZINE

あなたがいつも疲れている理由は何なのか? - GIGAZINE

「コーヒー」や「昼寝」よりも眠気や疲労を吹き飛ばすのにぴったりな「コーヒーナップ」をムービーで解説 - GIGAZINE

足りない睡眠時間を埋めるにはどうしたらいいのか? - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in サイエンス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.