ハードウェア

AMDが世界初の7nmプロセスGPU「Radeon VII」を発表、NVIDIA RTX2080とがっぷり四つ


アメリカ・ラスベガスで開催中のCES2019で、AMDのリサ・スーCEOが基調講演を行いました。その中で、第2世代の「Vega」アーキテクチャを採用する7nmプロセス製造GPU「Radeon VII(Radeon 7)」を発表しました。Radeon VIIはライバルNVIDIAのGeForce RTX 2080相当の性能を持ちます。

AMD President and CEO Dr. Lisa Su Reveals Coming High-Performance Computing Inflection Point in CES 2019 Keynote | AMD
https://www.amd.com/en/press-releases/2019-01-09-amd-president-and-ceo-dr-lisa-su-reveals-coming-high-performance

Radeon VII | AMD
https://www.amd.com/en/products/graphics/radeon-vii

CES2019のリサ・スーCEOによる基調講演で第2世代Vegaを採用するGPU「Radeon VII」が発表された様子は、以下のムービーの53分以降で確認できます。

AMD at CES 2019 - YouTube


「AMDはハイエンドゲームを愛している」と強調したスーCEOが手に持つのが第2世代Vega採用の新グラフィックボード。


従来のハイエンドモデル「Radeon RX Vega」シリーズと同様にアルミケースを採用していますが、ファンは3連に強化されています。


世界初の7nmプロセスで製造される新GPUは「Radeon VII」という新しいネーミングが採用されました。これは、「GPU初の7nmプロセス製造品」というだけでなく、第2世代Vegaの「Vega II」をもじった「VII」だと考えられます。


Radeon VIIは、Compute Unitを60基搭載し、第1世代のVegaアーキテクチャと比べて同電力で25%性能が向上しているとのこと。贅沢にもHBM(High Bandwidth Memory)を16GBも搭載し1TB/sのメモリバンド幅を実現します。


第1世代Vega採用の「RX Vega 64」に比べて順当な性能向上を見せています。


ゲーミング性能も高め。


なお、Radeon VIIの想定ライバルはNVIDIAの Geforce RTX 2080。4K解像度での主要ゲームのスコアはライバルと同等以上の性能を発揮するとのこと。


同じくキーノートスピーチで発表された「第3世代Ryzen」とRadeon VIIを組み合わせたゲームデモも行われました。


Radeon VIIは2019年2月7日発売予定で、価格は699ドル(約7万7000円)とRTX 2080にそろえてきました。7日発売、約700ドルとここでも「VII」へのこだわりが感じられます。


なお、Radeon VIIの公式ページでは、グラフィックボードの内部構造をチラ見せするムービーも公開されています。


なお、AMDはRadeon VIIは発売から一定期間、ゲームソフト「Resident Evil 2」「Devil May Cry 5」「Tom Clancy's The Division 2」が無料でバンドルされるキャンペーンを行う予定です。

AMD Radeon™ VII: World’s First 7nm Gaming GPU - YouTube

・関連記事
Zen2採用の第3世代Ryzen発表、Intel最上位モデルを性能で上回りワットパフォーマンスでは圧倒 - GIGAZINE

AMDのハイエンドGPU「Radeon RX Vega」正式リリース、NVIDIAのGTX10シリーズに対抗できるのか? - GIGAZINE

IntelがディスクリートGPUを2020年にリリースすると発表 - GIGAZINE

史上最強のコンシューマーグラボ「NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti」が突然死したとの報告が多数あがる - GIGAZINE

NVIDIAが非難殺到のGeForce Partner Program(GPP)を取りやめる - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   ゲーム, Posted by logv_to