×
メモ

スターバックスは店内無料Wi-Fiでポルノコンテンツのフィルタリングを2019年から本格的に行う予定


店舗内で無料Wi-Fiを提供しているスターバックスが、無料Wi-Fiを利用してポルノコンテンツを閲覧できないように、2019年からアメリカのスターバックス全店舗でもフィルタリングを導入することを明らかにしました。

Starbucks says it’ll block porn on its public Wi-Fi next year - The Verge
https://www.theverge.com/2018/11/28/18116576/starbucks-public-wi-fi-porn-block


Starbucks will begin filtering pornography from its Wi-Fi networks | Ars Technica
https://arstechnica.com/tech-policy/2018/11/starbucks-will-begin-filtering-pornography-from-its-wi-fi-networks/


スターバックスが店内無料Wi-Fiでフィルタリングの本格的な導入を決定したことには、反ポルノ活動家グループ「Enough is Enough」からの圧力があるといわれています。Enough is Enoughは何千人もの政治家や団体から署名を集めて、外食産業大手のマクドナルドとスターバックスに対して、店内無料Wi-Fiにコンテンツフィルタリングを設けるよう要請しました。この抗議を受けて、マクドナルドとスターバックスは2016年に「ポルノコンテンツをフィルタリングする」と回答していました。

スターバックスとマクドナルドが店内無料Wi-Fiでポルノ画像閲覧を規制へ - GIGAZINE


しかし、イギリスなど一部の国のスターバックス店舗では店内でのポルノ画像閲覧が規制されたものの、アメリカ店舗を含むスターバックス全店に適用されるような社内ポリシーは設けられなかったとのこと。これに対して、Enough is Enoughは「スターバックスは無料Wi-Fiで子どもや保護者をポルノコンテンツから守ることよりも、環境を守るために紙のストローを提供する方を気にしているのは明らかです」とスターバックスを強く批判しました。


スターバックスはThe Vergeに対して「スターバックスの公衆Wi-Fiを使って、違法なコンテンツや悪質なサイトを閲覧するケースはほとんどなく、もちろん許可をしていたわけでもありません。悪質なコンテンツが表示されないようにする解決法がわかったので、スターバックスのアメリカ店舗でも2019年からフィルタリングが適用されます」と答えています。スターバックスはコンテンツフィルタの詳細については明らかにしていませんが、複数のフィルタリングをテストしたと述べていました。

・関連記事
スターバックスとマクドナルドが店内無料Wi-Fiでポルノ画像閲覧を規制へ - GIGAZINE

ポルノサイトを開くとヒンドゥー教の荘厳なマントラが流れてユーザーの改心を促すアプリ「Har Har Mahadev」が開発されている - GIGAZINE

TumblrアプリがApp Storeから消えたのは児童ポルノコンテンツが紛れ込んでいたからと判明 - GIGAZINE

18禁コンテンツを規制するフィルタリングをプロバイダが2014年までに導入へ - GIGAZINE

男性の10人に1人は主にポルノを探すためにインターネットを利用している - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1i_yk