×
動画

iPhoneカメラでサクッと超絶リアルな3Dモデルを作成し、ARで現実世界に出現させることもできる「3D Scanner Pro」がスゴイ


カメラで物体を撮影するだけで誰でも手軽に3Dモデルを作成できてしまうスマートフォン向けアプリが「3D Scanner Pro」です。撮影して作成した3Dモデルはアプリから気軽に共有可能で、モデルはAR機能を使えば現実世界に表示することもできるため、例えば「偶然見つけた家具が自宅のインテリアに合うか3Dモデルを使って確かめる」など、さまざまな用途での活躍が見込めます。そんな3D Scanner Proのデモ映像が公開されており、いかにスゴイアプリになっているのかがすぐに分かる内容となっています。

iPhone 3d Scanner - create and share 3d models in AR - YouTube


最初に映し出されたのは鳥の置物。


3D Scanner Proを使い、この鳥の置物の3Dモデルを作成するとこんな感じ。左が鳥の置物で、右は3D Scanner Proが作成した3Dモデル。3Dモデルの方は足部分が少し浮いているように見えますが、他はめちゃくちゃリアルで、この画像だけを見せられて「どちらが3Dモデルか当てて」と言われるとかなり迷ってしまいそう。


角度を変えたり……


アップで見たりしても、本物と見紛うほどのクオリティ。


3D Scanner Proを使って3Dモデルを作成するには、スマートフォンのカメラを使って物体をスキャンする必要があります。ムービーではひとり掛けのチェアをスキャンしており、以下のようにメッシュが物体を覆っていくエフェクトが表示されることがわかります。


スキャンが終わり3Dモデルが完成したあとは、モデルのデータをiMessageなどで手軽に送信することが可能。


送られてきたモデルはそのままチェックすることも可能ですが……


画面上部の「AR」をタップして……


3Dモデルを現実世界に配置することも可能です。なお、この3Dモデルの共有機能はiOS 12のAR Quick Look機能を使って実現しているとのこと。


他にも、パンをコピーして……


拡大縮小したり、回転させたり。


スキャンして作成した3Dモデルは……


アプリ上で細かく編集することも可能。


モバイルアプリ上で3Dモデルのクオリティアップまで可能というのは驚き。


他にも、人間の3Dモデルを作成してドッペルゲンガーとツーショットを撮影したり……


巨大な番犬を家の前に置いてみたりもできます。スマートフォンだけで手軽に3Dモデルの作成・共有が可能になるということでさまざまな用途が考えられますが、ただ使うだけでも十分楽しそうなアプリであることは間違いありません。


なお、「3D Scanner Pro」はまだ開発段階にあるアプリで正式版はリリースされていないものの、公式サイト上ではオンライン通販サイトで商品をチェックしたり、インテリアを確認したり、ゲームなどで使用するアバターを作成したりと、さまざまな使用例が挙げられています。

・関連記事
1枚の写真から服の3Dモデルを作成して自分の体型に合わせた着せ替えシミュレーションが可能な技術が開発される - GIGAZINE

顔の特徴から3Dモデル生成&他人の顔に入れ替えることもできる「3D Face Reconstruction」 - GIGAZINE

まるで報道番組の再現映像のように事故や事件の状況を3Dモデルで描写できる「3D事件・事故イラストデザイナー」を使ってみた - GIGAZINE

現実には不可能なレベルで複雑な折り紙を3Dモデルで簡単にシミュレートできるウェブアプリ「Origami Simulator」 - GIGAZINE

ヒトの細胞を3Dモデルで自由に動かして本物の「細胞の世界」を見ることができる画期的ツール「Allen Integrated Cell」 - GIGAZINE

リアルタイムで表情を読み取って3Dアニメをグリグリ動かすムービー - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   動画, Posted by logu_ii