試食

フライパン1つで「パスタをゆでる」「ソースを作る」が同時に可能なキューピー「フライパン1つで!」シリーズレビュー


具材たっぷりのパスタを作るためには、鍋にお湯をはって乾麺をゆでる一方で、野菜や肉を使ってフライパンでソース作りを行う必要があり、手間や洗い物が増えてしまいがち。かといって市販のソースだけでは栄養に偏りができてしまう……ということで、麺とソースを一体調理でき、手間を省くことができる「フライパン1つで!」シリーズがキューピーから登場していたので、実際に使ってみました。

“パスタをゆでる”と“ソースを作る”が同時にできるパスタソース 「キユーピー3分クッキング」から 「フライパン1つで!」シリーズ3品を新発売
https://www.kewpie.co.jp/company/corp/newsrelease/2018/44.html

新登場した「フライパン1つで!」シリーズは「トマトパスタの素」「クリームパスタの素」「和風パスタの素」の3種類。


まずは「トマトパスタの素」から見ていきます。


原材料はトマトペーストを筆頭に、食塩、植物油脂、ぶどう糖果糖液糖、酵母エキスパウダーと続き、後半になると野菜や肉をバターで炒めたミルポワペースト、乾燥ニンニク、チーズフードなどイタリアンをほうふつとさせる材料が並んでいます。


カロリーは1袋あたり98kcal。


パッケージの中には小袋が2つ。それぞれが2人前なので、計4人前のパスタが作れるようになっています。


パッケージ裏面に書かれているレシピに従い、ミニトマト、ベーコン、キャベツ、乾麺を用意しました。


パスタ2人前を作るのに必要な乾麺は100gなので、やや麺は少なめです。


しかし、その分野菜はたっぷり。キャベツ4分の1個をざく切りにし……


プチトマト4個と一緒に洗い……


鍋にどーん。ハーフベーコン50gもそのままイン。


パスタは半分に折ったものを投入。


そこにトマトパスタの素を入れていきます。トマトパスタの素はややドロッとしたペースト状でした。


水500mlを注いで火をつけ……


水が沸騰したら、あとは弱火~中火で約10分間加熱するだけです。


麺がくっつくことがあるので時々かき混ぜてください、とのこと。


きっかり10分後、皿に盛りつけて……


完成。かなりスープは多めです。


やや大きめの皿に盛ってみましたが、これで2人前。


さっそく食べてみたところ、ニンニクの香りが食欲をかき立てるガツンとしたトマトソース。玉ネギやトマトの甘さも感じられます。さらっとしたスープはあまり麺に絡みませんが、ソースと一緒に材料を煮立てているため、味はしっかりと麺に染みこんでいました。麺はもちもちとしており、コシがあるのはソースの独自設計が理由なのかも。


乾麺の量は2人分で100gで、その分野菜がもりもりなので、胃にもたれず軽めです。


あまり麺に絡まないタイプのスープなので、必然的に残るのですが、このままごはんにかけてもおいしそう……という味つけでした。


続いて、クリームパスタの素を使ってみます。


原材料名は、植物油脂を筆頭に、チキンエキスパウダー、粉末醤油、ガーリック、卵黄油などが並んでおり、なんとなく味が想像できる感じ。


カロリーは1袋当たり168kcalと、トマトソースよりはやや多め。


開封するとこんな感じの小袋が2つ出てきました。


必要な材料は、鶏モモ肉150g、きのこ1株、ブロッコリー2分の1株、パスタ100g、牛乳200ml、水300ml。


先ほどと同じで、材料をフライパンにどばっと盛りつけます。「きのこ1株」という量から察する通り、野菜がどっさり入っていて、見た目はパスタというより「麺が入った鍋」という感じ。


クリームパスタの素を投入し……


沸騰後、10分間煮立てます。


完成したものがコレ。トマトソースと同じくクリームソースもつゆだくです。


ニンニクの風味がガツンとしていたトマトソースに比べ、クリームソースは「優しい味」という印象。カルボナーラのような濃厚さを想像して食べると「ちょっと物足りないかも」というくらいにあっさりしていますが、チキンの旨みはしっかりと感じられました。


長時間煮込んでいるわけではないので、鶏肉もぷりぷり。


ブロッコリー&きのこでシチューのような仕上がりです。


ピリッとしたコショウがよくあう味つけでした。


最後は「和風パスタの素」


原材料名にはしょうゆ、かつお節エキス、こんぶエキスなど、和食材が並びます。


カロリーは1袋あたり88kcalと、3つの中では最も低カロリー。


開封するとこんな感じ。


具材はきのこ1株、豚こま肉150g、ほうれん草2分の1束。


半分に折ったパスタ100gと具材をフライパンに敷き詰め……


ソースと水500mlを投入。ペースト状だった他2つと異なり、和風パスタの素はドレッシングのような液体。


水が沸騰してから10分間煮詰めます。


いずれのパスタソースも、野菜の多さから調理中の様子はどことなく鍋風でしたが、ソースの色もあり和風パスタはいっそう鍋感が増しています。かつおやしょうゆの香りも、まさしく鍋。


10分たったので盛りつけたところ、かきまぜが足りなかったのか、一部パスタが束になってしまいました。こうなると麺がやや固めになってしまうので、麺は全体的にしっかりかき混ぜるべき。


これで完成。


食べてみると、3つのうちで最もあっさりした口当たり。キューピーの和風きのこのパスタソースと似た感じの仕上がりです。


麺にも野菜にもしっかりと味が染みていました。スープがものすごく鍋風なので、「ポン酢をかけてもおいしそう」というコメントにも納得です。


今回作ったレシピの他にも、公式サイトには「なすと合いびき肉のトマトパスタ」「小松菜とサーモンのクリームパスタ」など、さまざまなレシピが公開されています。

キユーピー3分クッキング フライパン1つで! パスタソースの素|キユーピー
https://www.kewpie.co.jp/frying_pan/


なお、「フライパン1つで!」シリーズは1つ税込238円。Amazonでは4つセットになったものが税込950円で購入可能です。

Amazon | キユーピー3分クッキング フライパン1つで! トマトパスタの素 50g×2×4袋 | キユーピー | パスタソース 通販


Amazon | キユーピー3分クッキング フライパン1つで! クリームパスタの素 30g×2×4袋 | キユーピー | パスタソース 通販


Amazon | キユーピー3分クッキング フライパン1つで! 和風パスタの素 45g×2×4袋 | キユーピー | パスタソース 通販

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
鍋・ざるを使用せずフライパンのみで作るパスタ「マ・マー フライパンひとつで作る ナポリタン」「マ・マー フライパンひとつで作る カルボナーラ」試食レビュー - GIGAZINE

おいしいスパゲティを少人数向けにサクッとゆでられる小型鍋を使ってみた - GIGAZINE

10分でうどん・パスタ・ラーメン・そばなどの生麺が作れる「ヌードルメーカー」レビュー - GIGAZINE

わずか2分でゆで上がる「マ・マースーパープロント早ゆでスパゲティ1.4mm」を試してみた - GIGAZINE

フタがなんとフライパンや天板になり無水&無油&オーブン&余熱調理や蒸し料理などがガシガシできる「ビタクラフト ダブルグリル」を使ってみました - GIGAZINE

お湯に投入してわずか8秒で完成する「8秒スパゲティ」を作ってみました - GIGAZINE

in レビュー,   試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.