×
アニメ

「スター・ウォーズ」最新アニメシリーズ「Star Wars: Resistance」はポリゴン・ピクチュアズが制作


2018年秋からディズニー・チャンネルで放送される予定の「スター・ウォーズ」の新作アニメシリーズ「スター・ウォーズ:レジスタンス(Star Wars: Resistance)」を、以前のフル3DCGシリーズ「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」やアニメ映画「GODZILLA」シリーズを手がけるポリゴン・ピクチュアズが制作することが発表されました。

作品は2015年に公開された続三部作の1作目「フォースの覚醒」に至る歴史を描くシリーズになるとのこと。ファースト・オーダーの動向を探るスパイとしてパイロットに採用された青年カズダ・ズィオノ(Kazuda Xiono)に焦点を当て、反乱軍きっての腕利きパイロットであるポー・ダメロンや、銀色に光り輝く装甲が特徴的なファースト・オーダーのキャプテン・ファズマらが登場する予定です。

監督は「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」の映画版監督、テレビシリーズ版総監督であり、映画のエピソード3(シスの復讐)とエピソード4(新たなる希望)の間を描くテレビシリーズ「スター・ウォーズ 反乱者たち」で制作総指揮を務めたデイブ・フィローニ氏。以下のようなコメントを発表しています。

デイヴ・フィローニ監督:
『Star Wars: Resistance』のアイデアは、第二次世界大戦の航空機と戦闘機パイロットに対する私の興味から生まれたもの。
祖父はパイロット、おじは飛行機に乗り修理もしていて、僕はそれに大きな影響を受けてきた。『スター・ウォーズ』は、長年高速レースを描いてきた。今回は、そのスリリングな感覚をアニメスタイルで捉えることができたと思う。それは僕らのチームが長いことやりたいと望んでいたことなんだ。

この新シリーズ「Star Wars: Resistance」は2018年秋にアメリカのディズニー・チャンネルで公開され、その後、ディズニーXDなど世界中で公開される予定となっています。

「スター・ウォーズ」のアニメシリーズに関しては、サンディエゴ・コミコン2018で「クローン・ウォーズ」新シリーズ復活が発表されたばかりです。

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」新シリーズ復活が決定、#CloneWarsSavedに歓喜の声があふれる - GIGAZINE

・関連記事
オビ=ワン・ケノービが主役の「スター・ウォーズ」スピンオフ映画を待ちきれないファンが予告編を制作 - GIGAZINE

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督がスター・ウォーズ完全新作三部作を制作へ - GIGAZINE

ダース・ベイダーはどのようにして「スター・ウォーズ」の象徴的存在になったのか? - GIGAZINE

in アニメ, Posted by logc_nt