試食

コーヒー✕新鮮フルーツ✕クリームチーズという未知の味を台湾発のコーヒーショップ「アオタイガーコーヒー」で飲んできました


台湾発のコーヒーショップ「アオタイガー コーヒー(AOTIGER Coffee)」は台湾のバリスタが厳選したコーヒー豆と、日本産の新鮮なフルーツを組み合わせた新しいタイプのコーヒーを提供するお店。2018年6月8日(金)に原宿で日本第1号店がオープンしたとのことなので、お店に行ってフレッシュフルーツ×コーヒーという新しい味を試してみました。

AO TIGER COFFEE
http://www.aotiger.com/menu/#intro

アオタイガーコーヒーの住所は「東京都渋谷区神宮前3丁目21−7」、明治神宮前駅から徒歩で5分ほどの場所にあります。


お店は路地に入ったところにあるので、少し人けが減って落ち着いた雰囲気です。


お店の中はこんな感じ。


メニューは大きくわけて「フルーツラテ(税抜550円)」「富士山スノーカバー(税抜580円)」「クラシックセレクション」の3種。フルーツラテと富士山スノーカバーはバナナ/リンゴ/パイナップル/イチゴの4つから選べ、クラシックセレクションにはラテ(税抜450円)とアメリカーノ(税抜350円)があります。今回は富士山スノーカバーのりんごを選択しました。


カウンターの奥にはエスプレッソマシンが置かれていて……


作ったエスプレッソを冷水・フレーバー・氷などと一緒にカクテルのようにシャカシャカすることで富士山スノーカバーが作られていきます。


お店にはカウンター席のほか、テーブル席、窓際のソファー席がありました。


これが受け取った富士山スノーカバー。


iPhone SEと比較した大きさはこのくらい。


上にのっているのは凍らせたスライスりんご。シャリシャリした食感で暑い日にぴったりです。


ドリンクは2層になっており、上の白い部分はフォームミルクに見えて、実はクリームチーズとのこと。


ごくりと一口飲んでみると、香ばしいアイスコーヒーの中にりんごのさわやかな甘さが感じられ、初めての組み合わせでしたが、相性のよさに驚きます。甘さとほろ苦さがいい感じのバランスで、「ザ・砂糖」という感じのべっとりした甘さでないので、後味もすっきりしていました。


クリームチーズのほのかな塩気とクリーミーさもすっきりした飲み口のドリンクとマッチしていて、「これは家でも作りたい!」と思うほど夏向きのさわやかな飲み物でした。


なお、アオタイガーコーヒーは10時30分から19時30分までの営業となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
コーヒーの「ごみ」だったのに今やコーヒー豆より高価になったコーヒー果皮「カスカラ」はどんな味なのか?試してみました - GIGAZINE

「コーヒーをたくさん飲む人は長生きする傾向がある」という研究結果 - GIGAZINE

利尿作用があるコーヒーや紅茶を飲んでも脱水症状にはならないのはなぜか? - GIGAZINE

おいしいコーヒーを味わうために「産地」「焙煎」「抽出」の3つで知っておくべきポイント - GIGAZINE

練乳入りがくせになるベトナムコーヒーが自宅で楽しめる「ベトナムコーヒーセット」を使ってみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.