×
試食

スタバのほうじ茶がついにフラペチーノになった「ほうじ茶 クリーム フラペチーノ with キャラメルソース」試食レビュー


スターバックスで提供されるティーラテシリーズの中でも人気が高い「ほうじ茶ティーラテ」をデザート感覚で楽しめるという「ほうじ茶 クリーム フラペチーノ with キャラメルソース」が2017年9月15日(金)から登場しています。ほうじ茶にホワイトモカのやさしい甘さやキャラメルソース、カリカリのシュガーを加えているとのことで、新しい「ほうじ茶の世界」を楽しめるという新作をさっそく味わってきました。

日本のティーも多彩に変身!“ほうじ茶”がついにフラペチーノ®に。『ほうじ茶 クリーム フラペチーノ® with キャラメルソース』
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2017-2233.php

スタバに到着。


店頭でもほうじ茶クリームフラペチーノのアピールが行われていました。


お店に入って早速注文。ほうじ茶クリームフラペチーノを受け取ります。


ほうじ茶クリームフラペチーノはトールサイズのみの提供となっており、全長123.8mmのiPhone SEと比べるとこのくらいの大きさ。


フラペチーノの上にはふわふわのホイップクリームとキャラメルソース、カリカリのシュガーがトッピングされています。


スターバックスのほうじ茶は茶師により「煎茶ほうじ茶」「茎ほうじ茶」「玉露ほうじ茶」「被せほうじ茶」「味真ほうじ茶」という5種類の茶葉が焙煎されているとのことで、飲んでみると、口の中にふわりと香ばしいほうじ茶の香りが広がります。濃い目に抽出されているので少しほろ苦さがありますが、それが逆にベースであるホワイトモカの甘さとマッチしていました。


カップ側面を見てみると、茶葉が直接フラペチーノに混ぜられているのがわかります。


フラペチーノ自体はやさしい甘さで、比較的あっさりとしているのですが、ホイップクリームやキャラメールソース、シュガーと一緒に食べるとミルキーさが増してデザートのような味わいに。ほうじ茶の香ばしさとキャラメルソースの香ばしさが絶妙にあっていました。スターバックスのフラペチーノにはガツンと甘いものもありますが、ほうじ茶クリームフラペチーノは全体的にやさしい甘さのミルキーなドリンクなので、単品デザートとしても、おやつのお供としても、どちらでもいけそうでした。


なお、ほうじ茶 クリーム フラペチーノ with キャラメルソースはトールサイズのみの提供となっており、価格は税抜540円です。

・関連記事
究極の1杯が作れる「SPECIAL.T」で10種類のお茶を入れてみました - GIGAZINE

茶葉の栄養成分まるごとの本格的なお茶が楽しめる「ヘルシオお茶プレッソ」レビュー - GIGAZINE

5度刻みで温度を調節して素早く湯沸かし&30分の保温もできる「スマートケトル」 - GIGAZINE

自分でお茶が点てられるカフェ「楚々」に行ってみました - GIGAZINE

世界で2番目に飲まれている飲み物「お茶」の歴史がわかるムービー - GIGAZINE

世界で最もお茶を消費している国はどこか?ということをランキングしてみるとこうなる - GIGAZINE

「和紙の部屋」や「お茶風呂」など伝統文化をテーマとし部屋の家具の購入もできるユニークなホテル「七十七」に行ってきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa