動画

ガンダムの開発秘話と一年戦争に至るまでを描くハイクオリティなフルCGムービーをファンが自主製作して公開中



1979年に放映された「機動戦士ガンダム」の世界は「宇宙世紀」と呼ばれる架空の暦の上で描かれています。シリーズを重ね、派生作品が生まれるにつれて細かな設定が設けられ、今では宇宙世紀はガンダムシリーズの中でも特に大きなフレームワークとなっています。イタリアの「ガンダム」ファンが、劇中で活躍するモビルスーツ・ガンダムが開発される様子と宇宙世紀の歩みを描いたハイクオリティなフルCGアニメを自主製作し、公開しています。

Mobile Suit Gundam RX-78 Prototype 01- Side Story - First Part - ITA - sub ENG [Fan Made CGI Movie] - YouTube


地球連邦のモビルスーツ量産計画となるV作戦は、ジャブローにある工場で進められていた様子。画面に描かれる「V」と大きく書かれた計画書は、「機動戦士ガンダム」の第1話で主人公のアムロ・レイが拾ったものと同じデザイン。


工場の奥で開発が進められているのが、RX-78-1・プロトタイプガンダム。劇中でアムロが乗っていたRX-78-2・ガンダムの開発機です。


開発してまだ41日という段階のためか、装甲がない状態で、骨組みがむき出し。頭部のツインアイが光ります。


頭頂部にあるメインカメラの側面には、宇宙世紀シリーズではおなじみの軍産複合企業・アナハイム・エレクトロニクスのロゴが刻まれています。


プロトタイプはまだ上半身だけですが、ビームライフルを構えることも可能な程度には完成している様子。


パイロットスーツに身を包むテストパイロット


コックピットに乗り込んで……


スロットルに手をかけます。


プロトタイプガンダムの操作パネル


メインカメラの映像がコックピット内に表示されます。


テストパイロットがAMBACシステムをオンにすると……


スムーズに両腕が動きだします。


胸部ダクトから排気


頭部は見慣れたツインアイではなく、バイザーのようなデザインになっています。


地球連邦がV作戦を発動するのは宇宙世紀0079のこと。宇宙世紀は「機動戦士ガンダム」の中で展開される暦で、地球の総人口が90億人を突破したために宇宙移民を開始した年に改暦されます。


宇宙へ移民した人々は、コロニーと呼ばれる宇宙ステーションに居住することに。宇宙世紀0035には月の裏側にサイド3というコロニーが建設されます。


宇宙世紀0040、地球の総人口の約40%が宇宙へ移住します。


宇宙世紀0047、トレノフ・Y・ミノフスキー博士が自身の提唱する物理学理論に基づいて小型の核融合炉を開発。この核融合炉の実験中、ミノフスキー粒子の存在が実証されます。ミノフスキー粒子は電磁波や赤外線を遮断する効果があり、軍用兵器に転用されることで、戦争のあり方が大きく変わっていくこととなります。


宇宙世紀0069、サイド3がジオン公国を称して連邦からの独立を宣言します。公国の名前の由来となったジオン・ズム・ダイクンは既に暗殺されており、公王にはデギン・ザビが就任。以降、ジオン公国はザビ家の独裁体制となります。


宇宙世紀0073、ジオン公国は新型兵器のモビルスーツ・MS-01を開発。


宇宙世紀0079の1月3日にジオン公国は地球連邦に対して宣戦を布告。サイド2のコロニーの1基を地球連邦の本拠地・ジャブローに落とす「ブリティッシュ作戦」を発動します。


地球の人類の25%がこの戦いで命を落とし、地球連邦は大打撃を受けましたが、ジャブローの壊滅は免れます。


演説を行っているのは、ジオン公国の総帥であるギレン・ザビ


ギレンの左右にはキシリア・ザビとドズル・ザビの姿もあります。


ギレンの演説が流れる格納庫を歩いている仮面の男、シャア・アズナブル。


真っ赤に塗られたザクIIのコックピットに乗り込みます。



シャアがスイッチをオンにすると……


シャア専用ザクIIのモノアイが点灯します。


そして、シャアがスロットルレバーをぐいっと前に押し出すと、ザクIIが歩き出します。



シャアは他のザクIIをつれて出陣。


ブリティッシュ作戦の結果に満足しなかったジオン公国は、サイド5・ルウムを地球に落とすべく、戦力を集結させてルウムの宙域に送り込みます。


総攻撃をしかけるジオン公国軍の艦隊


量産されたモビルスーツ部隊も前線へ投入されました。


それを迎え撃つ地球連邦軍の艦隊


シャアはこの「ルウム戦役」で5隻の戦艦を撃沈し、地球連邦軍からは「赤い彗星のシャア」として恐れられることとなります。



プロトタイプガンダムの完成や起動実験の様子、そしてルウム戦役後の宇宙世紀史が描かれるであろう「Second Part」以降も期待したいところです。

・関連記事
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」フィナーレ舞台挨拶開催、シャアからのメッセージもアリ - GIGAZINE

MSV(モビルスーツバリエーション)の誕生から終焉まで追った“歴史書”「MSVジェネレーション」 - GIGAZINE

メカゴジラとガンダムが戦う「レディ・プレイヤー1」スペシャル映像公開 - GIGAZINE

『機動戦士ガンダムNT』2018年11月劇場公開決定、機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)の続編 - GIGAZINE

ガンダムにアバターが「変身」する映画「レディ・プレイヤー1」日本限定映像公開 - GIGAZINE

実物大ユニコーンガンダム立像と映像×光×音楽で世界観を表現するプロジェクションマッピングお披露目 - GIGAZINE

in 動画,   アニメ, Posted by log1i_yk