デザイン

Googleが銃の絵文字をリアル風から水鉄砲に変更、残る拳銃デザインのFacebookとMicrosoftも変更予定


Googleが次期Android OS「Android P」のアップデートの際に銃の絵文字のデザインを変更することを発表しました。銃乱射事件が続くアメリカで、Apple・Samsung・Twitterなど大手ベンダーはリアルなピストル風のデザインの使用をやめる傾向にあり、各社のデザインが異なるせいでユーザー間の誤解が生まれることもありました。Googleがリアルな銃のデザインを水鉄砲のデザインに変更したことで、プラットフォーム間の誤解が減るものと見られています。

Google Updates Gun Emoji
https://blog.emojipedia.org/google-updates-gun-emoji/

Google puts gun emoji back in holster with switch to water pistol | Technology | The Guardian
https://www.theguardian.com/technology/2018/apr/25/google-gun-emoji-switch-water-pistol-android-update-apple

Google and Facebook adopt water gun emoji, leaving Microsoft holding the pistol - The Verge
https://www.theverge.com/2018/4/25/17278902/google-dumping-pistol-emoji-watergun-microsoft

左がAndroidで使われていた「銃」の絵文字の旧デザインで、右が新デザイン。オレンジ色の水鉄砲になっています。


Googleの「銃」絵文字の移り変わりはこんな感じ。2012年から2017年まではリアル寄りのデザインが使われる傾向にありました。


銃乱射事件が続くアメリカでは絵文字としての銃のデザインがリアルなものから水鉄砲っぽいものに変えられる傾向があり、既にAppleやSamsung、Twitterではデザインの変更が行われていました。これにより、例えばiOSユーザーが水鉄砲を表示させる意図でメッセージを送った時に、Android端末ではリアルな銃が表示されてしまい、誤解が生じることにもなりかねませんでした。

Apple・Google・Microsoft・Samsung・Facebook・Twitterの銃絵文字デザインの移り変わりはこんな感じ。Googleのデザイン変更により、リアルな銃のデザインを採用しているのはMicrosoftとFacebookのみになっています。なお、Microsoftは2015年まではSF作品に出てきそうなデザインだったのですが、2016年からリアルなピストルのデザインに変更されています。


EmojipediaがFacebookと連絡を取ったところ、2018年4月24日付けでFacebookは銃のデザインを変更する予定であることを明かしたとのこと。この時点でMicrosoftにも連絡をとったそうなのですが、Microsoftはコメントを拒否したことも明かされています。

しかし、2018年4月26日に、MicrosoftはTwitter上で、将来的なWindows 10のリリースで絵文字のデザインを変更することを発表しました。ただしリリース日は未発表で、現在のWindows 10ベータ版には搭載されていないことから、少なくとも2018年末のアップデートまではこの絵文字が登場することはないと見られています。


ということで、記事作成時点で新しい銃絵文字のデザインが決まっていないのはFacebookのみとなっています。

・関連記事
同じ絵文字でも機種が違うとネガティブ・ポジティブに感じる度合いがかなり違うことが判明 - GIGAZINE

謎の絵文字みたいなフォント「Wingdings」はなぜ存在しているのかという知られざる歴史 - GIGAZINE

「コンドームの絵文字」のUnicode公式化を目指したキャンペーンをコンドームブランドが実施 - GIGAZINE

絵文字の文字コードや名前などがわからないときに入力・コピペするだけで正体が判明する「WhatMoji」 - GIGAZINE

顔文字のパーツが何を示しているのか解析してくれる「顔文字形態素解析」 - GIGAZINE

スマホの絵文字には人種多様性が欠落しているという議論 - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logq_fa