イーロン・マスクが地下トンネル工事で出た岩石を使った「レゴのようなブロック」を開発中と発表


テスラ」や「SpaceX」の創業者であるイーロン・マスク氏は都市の渋滞緩和のために地下にトンネルを掘る構想を進めており、トンネル掘削会社「The Boring Company」を立ち上げて実際にロサンゼルスの地下にトンネルを掘っています。しかし、工事に膨大なコストがかかっているのか、帽子や火炎放射器などのグッズ販売を行っており、資金調達に難航していることを伺わせています。そして、新たな資金調達のための商品として、トンネル工事で出た岩石をレゴブロックのような製品にして販売することをマスク氏が発表しました。

Elon Musk’s Boring Company is going to sell LEGO-like blocks to build houses and other structures | Electrek
https://electrek.co/2018/03/26/elon-musk-boring-company-bricks-lego-rock-house/

The Boring Companyはロサンゼルス、シカゴ、メリーランドで、マスク氏の提唱する「地下トンネル構想」の実現に取り組んでいます。また、同社は公的資金を使用せずにプロジェクトを実現させる予定であり、必要な資金をどのように調達するかは明確にされていません。マスク氏によると、「必要な資金は「Boring Company」ブランドの帽子、火炎放射器やその他の製品を販売して工事費用に充てます」と冗談交じりに話しています。

マスク氏はTwitterで「まもなくBoring Companyの新商品が出ます。彫刻や建物を作るのに利用できる、レゴのようなブロックで、トンネル工事で出た岩石でできています。そして、カリフォルニアの地震荷重試験をクリアしており、飛行機の翼のような中空構造なので、とても頑丈で軽くなっています」とツイートしています。


さらに追記する形で「古代エジプトのピラミッドやスフィンクス、ホルス寺院の構造を再現できます」と投稿しています。


「家などの建築に利用可能か?」との質問に対し、マスク氏は「もちろん。ブロックは連結できるようになっているので、2人で1日程度作業すれば、小さな家の外壁なら組み上げられます」とツイートしており、実用性の高いブロックとなっていることを自信を持って伝えています。


マスク氏によると「すぐに登場する」とは語っているものの、ブロックの詳細や実際の販売時期については明言していませんでした。しかし、建設中の工事現場から岩石を積んだ車両が、「テスラ モデルX」にけん引されて出てきている様子を目撃されており、ブロック化に向けて岩石を加工中であると予想されています。

・関連記事
イーロン・マスクがロサンゼルス地下に掘ったトンネルを公開、幹線道路全体をトンネル化する壮大な計画についても示唆 - GIGAZINE

「トンネルを掘る」と言ったマスク氏のつぶやきから始まった「地下トンネル構想」のイメージムービー - GIGAZINE

地下トンネルを掘るためにイーロン・マスクが作った会社が火炎放射器を開発 - GIGAZINE

ニューヨークからワシントンDCまでを30分で結ぶ「ハイパーループ」の建設承認を取り付けたとイーロン・マスク氏が発表 - GIGAZINE

イーロン・マスクの「時速200kmの地下トンネル網構想」、SpaceXの地下に初のトンネルが一部完成 - GIGAZINE

in ハードウェア,   乗り物, Posted by log1j_ty