アート

無料で世界中の芸術作品を見られる「Google Arts & Culture」は機械学習を用いてさまざまな検索方法に対応している


Arts & Culture」は2015年にGoogleによって公開された世界中の芸術作品を集めたギャラリーアプリです。時代や製作者のほか、カラースケールによっても作品を検索できるなど、芸術作品をさまざまな方法で検索できるようになっており、作品名を知らなくてもお目当てのものを見つけ出すことができます。2018年1月には「自分の顔に似ている肖像画」を検索できるようになるなど、日々進化を遂げているArts & Cultureの検索機能ですが、その開発元のGoogle Arts & Cultureラボがこれまで行ってきた試みをムービーで解説しており興味深い内容となっています。

Putting Machine Learning to work for culture #GoogleArts - YouTube


Google Arts & Cultureのラボで行っている実験は「最新の技術を使って何百年分の芸術作品を探索できないか」というもの。


実験:ニューヨーク近代美術館の作品を機械学習で識別する


「機械学習で何かできることはないか?」というところからプロジェクトが始まりました。


ニューヨーク近代美術館には1930年代以降の展覧会の写真が保存されていましたが、展覧会でどの作品が展示されていたかの情報が欠落していました。そこで機械学習を用いて展示会の写真を分析し、写っている作品が何であるかを判別することに成功。


実験:アートセルフィー


「アートセルフィー」は人と芸術作品を非常に属人的な方法で結びつけます。自撮りをすると機械学習アルゴリズムによって……


数万の芸術作品の中から自分によく似たものが探し出されます。世界的な反響もあって、すでに数千万もの自撮りが行われ、芸術作品とマッチされました。


実験:ライフタグ


「LIFE」という雑誌は歴史において象徴的な出版物です。


400万枚を超える写真を……


認識アルゴリズムでタグに置き換えます。


「ライフタグ」はアーカイブされてきた雑誌のLIFEを探索しやすいインタラクティブな百科事典へと編集する試みです。


実験:アートパレット


アートパレットは色と戯れる試みで、いくつかの色でパレットを作るとそのパレットに一致する作品が検索できるというもの。アートパレットはデザイナーにインスピレーションを与えることを期待されています。


Google Arts & Cultureの目的は芸術と文化の探索に新しい方法を生み出し、そして新しい技術が芸術家や美術館、そして鑑賞している人をさらに後押しするためにどのように応用されるかを確かめることとのことです。

・関連記事
Googleが世界中の美術館にある作品を色別・時代別に比較できるなど、美術館・史跡探索ができる「Arts&Culture」アプリを大幅アップデート - GIGAZINE

無料で大英図書館で行われたハリー・ポッターの特別展示がオンラインで見放題に - GIGAZINE

建築家ザハ・ハディド氏の作品群が「Google Arts & Culture」で鑑賞可能に - GIGAZINE

「デザインは芸術とは何の関係もない」、デザインの生ける伝説「ミルトン・グレイザー」が世界的によくある誤解を払拭 - GIGAZINE

アートやデザインの世界で最もクリエイティブで想像力に富んだ思考を持つ8人を対象としたドキュメンタリー「Abstract:The Art of Design」 - GIGAZINE

無料でピクサーのストーリーテリング技術を学べる「The Art of Storytelling」が公開に - GIGAZINE

いろいろなインスピレーションをかき立てる美麗なコンセプチュアルフォト写真集 - GIGAZINE

インスピレーションがわいてくる、良くできたロゴデザイン48種類 - GIGAZINE

Chromeで新規タブを開くと世界の名画を表示するGoogle公式の拡張機能「Google Art Project」 - GIGAZINE

たった14年で消えた伝説の芸術学校「バウハウス」の3万2000点もの作品を無料でハーバード大学美術館が公開 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画,   アート, Posted by log1d_ts