取材

モンスターと少女が仲良く「モンスターズ・インク」でねんどろいど化


モンスターの世界で働く毛むくじゃらの青いモンスター「サリー」とその相棒・緑色の体に大きなひとつ目のモンスター「マイク」が、モンスターの世界に迷い込んだ少女「ブー」と出会う、ディズニーとピクサー製作の名作3DCG映画「モンスターズ・インク」。そんなモンスターズ・インクがねんどろいどになって立体化したものが、ワンダーフェスティバル 2018[冬]で展示されました。



グッドスマイルカンパニーのブースに、マイク、ブー、サリーのねんどろいどが展示されていました。


マイク&ブーセット」は、ギョロッとした大きなひとつ目と大きく裂けた口にギョッとさせられる「マイク」と、ちょこんとかわいらしい「ブー」のねんどろいどのセット。モンスターの世界とブーの世界を行き来する扉も付属しています。


サリー&ブーセット」は、モンスターのかぶり物をしたブーと大きいからだにやさしそうな表情のサリーのねんどろいどのセット。


サリーの顔は、動く眉毛と表情パーツでいろいろな表情に変化させることができるとのこと。


やさしくて強くて頼りになるサリーの性格がとてもよく分かるねんどろいどでした。なお、「マイク&ブーセット」「サリー&ブーセット」ともに発売時期・価格は未定です。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2018[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「スター・ウォーズ」やマーベル・ピクサー作品などディズニー公式配信サービスは500作品7000話を配信予定 - GIGAZINE

世界で初めてCGを導入した映画「トロン」のCGパートはどのようにして作られたのか? - GIGAZINE

ピクサーがCGアニメ映画「Mr.インクレディブル」の続編「インクレディブル・ファミリー」新映像公開 - GIGAZINE

in 取材,   映画,   アニメ, Posted by log1e_dh