動画

100km以上も砂漠の中を馬に乗って走り抜ける「エンデュランス」にはまりドバイへ移住した女性騎手へのインタビュー


数十kmを超える長距離を馬に乗って走り抜けてそのタイムを競う、「馬のマラソン」とも呼ばれる耐久レースがエンデュランスです。実はアラブ首長国連邦では、アラブ首長国連邦の首相とドバイ首長国の・首長を兼任するムハンマド王子が騎手を務めているのもあって、エンデュランスに特に力が入れられています。このエンデュランスに魅せられてドバイに移住し、女性騎手として活躍するユマ・メンシア・ウランガさんへのインタビューを、Great Big Storyが公開する以下のムービーで見ることができます。

The Endurance Horse Rider of Dubai - YouTube


馬にまたがっているのがユマ・メンシア・ウランガさんです。およそ10年前、18歳の時に単身ドバイに移住し、現在はドバイのアル・アリアムのエンデュランス・チームに所属する女性騎手です。


長距離レースのほとんどは広大な景色の中を進みます。ユマさんは長い時間馬に揺られていると、そのリズムに応じるように集中力が増し、最終的に宇宙と一体化したような感覚になるとのこと。「長時間、長い距離をずっと馬に乗っていられるほどの強い何かを感じるのよ」とユマさんは語ります。


馬は砂漠の中を進むため、舞い上がった砂ぼこりで太陽がぼやけてしまっています。


「ドバイでのエンデュランスのレースはだいたい120km、160kmほどの距離を走ります」とのこと。120kmはおよそ東京から伊豆までの距離に相当します。


ユマさんが初めてドバイに来たときは、ただ馬を見るために2週間だけ滞在する予定だったのですが……


実際に砂漠の中で馬に乗り、そこで訓練している人たちと出会ったことで、自分もここでエンデュランスの騎手になろうと強く思い、移住を決意したとのこと。


「午後3時になったら図書館に行くのがお気に入りの日課です」


「そして午後4時になったら砂漠の中で馬を走らせます」


「私にとって砂漠というのはとても魅力的な場所です。砂の有機的な模様が魅惑的で、特に太陽が昇ったり沈んだりするのに合わせて音や色が変わる様子が私が一番感動する風景です」


地平線が見えるほど広い砂漠の中を、ユマさんが馬にまたがって駆け抜けていきます。「馬がいて、そういう感動的な風景を見た時、自分の進むべき道が見えます。だから私はこの砂漠が広がるドバイが好きなのだと思います」

・関連記事
ラクダを美しく見せるための美容整形が横行、コンテストで12頭が失格に - GIGAZINE

現代の乗り心地の良い馬は中世ヨーロッパのバイキングによって世界に広められた - GIGAZINE

競馬の基本的な部分からちょっとマニアックな知識までを教えてくれる、東京競馬場地下道イラストいろいろ - GIGAZINE

東京優駿(日本ダービー)の歴代優勝馬の写真一覧 - GIGAZINE

Googleがラクダの背中にカメラを載せてアラビア砂漠を撮影、ストリートビューで閲覧可能に - GIGAZINE

in 生き物,   動画, Posted by log1i_yk