ハードウェア

エレキ&アコギで演奏すると「バーチャルなバックバンド」が自動伴奏を演奏&MIDI出力可能な「OMB」


OMB(One Man Band)」はアコースティックギターかエレキギターに装着すると演奏にリアルタイムでバーチャルなバックアップバンドの演奏を追加することができるデバイスとソフトウェアのセットです。その他にも、ギター演奏をピアノやドラムなど別の楽器の音に変換する機能や、ギター演奏のコードをMIDI出力することも可能です。

OMB - OMB GUITARS
http://ombguitars.com/

OMBを使用するとどんな音楽ライフが送れるかは以下のムービーを見れば一発でわかります。

OneManBand (OMB) - A New Way to Play Guitar - YouTube


OMBは、ギターの演奏内容を認識し、演奏に合わせて音を発するデバイスとソフトウェアのセットです。


OMB本体はこんな感じ。以下の画像をクリックすると、GIFムービーで分解図が表示されます。(容量約1.9MB)


OMBには3つのモードが用意されており、自分の演奏に合わせてバーチャルバンドがセッションする「PLAYBACK」モード、ギターの音色が別の楽器になる「INSTRUMENT」モード、ギターの音色をDAWソフトにMIDI出力する「STUDIO」モードを使うことができます。


ムービーの一般使用体験はPLAYBACKモードからスタート。見慣れないOMB本体を不思議そうに指して「これがそのデバイス?」と尋ねるギター演奏者の女性。


ギター演奏者たちがPLAYBACKモードで演奏を試してみると、自分の演奏に合わせてバックバンド演奏が流れるOMBのとりこになっていきます。


演奏に合わせて流れるバックバンドの演奏はテンポの速い曲から……


エレキギターの激しい音まで、リアルタイムにセッションされて演奏が流れます。


PLAYBACKモードで演奏すると、自分の演奏に合わせてリアルタイムでバックバンド演奏が流れます。バックバンドで流れる楽器は、ピアノとドラム、ベース、バイオリン、チェロ、サックス、フルート、トランペットの8種類です。


OMBの操作は、スマートフォンかタブレットの専用アプリ「OMB App」から行うことが可能。


PLAYBACKモードの操作画面はこんな感じ。ロックやポップなど演奏スタイル、テンポ、バックバンド楽器ごとの音量、ドラムのフィルインなどをコントロールできます。


また、PLAYBACKモードの演奏はバックバンド演奏も合わせて録音&再生が可能です。


専用アプリはiOS版とAndroid版があります。


次にINSTRUMENTモードで演奏し始めると、ギターを演奏しているのにエレクトリックピアノ「ローズ」のような音色が鳴っています。


女性のエレキギターからは、ギターの弦を弾くたびにストリングスの音色が。


別の女性のアコースティックギターからも、ストリングスのアンサンブルのような壮大な音色が流れ出します。


演奏の体験者たちはみなOMBを気に入ったのか、持って帰って良いか尋ねます。


中には演奏し足りないのか「自分のオリジナル曲で演奏してみて良い?」と言い出す人も。


もちろんPLAYBACKモードのバックバンド演奏はオリジナル曲にも対応しています。


PLAYBACKモードを使えば1人での弾き語りにもバックバンドの演奏がつき……


友人とのお出かけ先でジャムセッションをプレイすることもできます。


演奏に必要な機器はギターとスマートフォンだけなので、外での演奏も簡単そう。


ストリートで演奏する時にも、INSTRUMENTモードを使えばギター以外の音を鳴らすことができ、PLAYBACKモードを使えばバックバンド付きの演奏で盛り上げることも可能。


演奏中など指でアプリ操作が難しい時は、オプションのBluetoothフットペダルを使えば足で操作可能。


OMBに用意されている3つめのモード、STUDIOモードは作曲で力を発揮します。


OMBを設置したギターをMIDIコントローラーとして使用できます。


対応しているDAWソフトは「Cubase」「Ableton」「Fruity Loops」「Grageband」です。


OMBがなぜこのような芸当ができるかというと、OMBが演奏したギター弦の振動を読み取り、演奏内容をMIDI規格の電子信号に変換できるから。


OMBを使用する方法は2つ。自分のギターに「OMBアップグレードキット」を装着する方法と、あらかじめOMBを内蔵したギター「BUILT IN」を選択する方法があります。


OMBアップグレードキットはこんな感じ。


OMBアップグレードキットの設置方法は以下の画像をクリックするとムービーで確認できます。(容量約2.5MB)


アップグレードキットはブリッジの上に設置します。設置するためには、この部分に最低で5インチ×3インチ(約12.7×7.62mm)の空きスペースが必要。


ギターのトップ(表面)をきれいにし、導電性ステッカーを貼ります。


フレットの先端に触れるようにネックの側に粘着ストリップを貼り……


両側のフレットの先端にネックの側のストリップをハンダ付け。


導電性ステッカー上のブリッジのベースにOMBアップグレードキットを取り付けます。


カバーをかぶせれば設置完了。


赤いケーブルとスマートフォンを接続してOMB Appと同期をするとOMBで演奏ができます。なお、作業に自信がない人は地元のギター店に頼むのがオススメとのこと。


BUILT INはギターそのものにOMBが内蔵されており、アコースティックギター2種類とエレキギター1種類のモデルが用意されています。


サイド部分に見えるのが内蔵されているOMB本体。


「OMB Acoustic」の仕様は以下の通り。

OMB Acoustic仕様
・OMB&ボリューム内蔵、USB MIDI出力、PLオーディオ出力、同期ボタン、バッテリーインジケーター
・ボディタイプ:ドレッドノート
・表材:スプルース
・ネック:マホガニー(20フレット、ドットインレイ)
・ボディバック&サイド:マホガニー
・フィンガーボード&ブリッジ:ローズウッド
・ナット幅:43mm
・アドバンスドXブレイシング
・OMBピックアップ&弦


「OMB Acoustic Pro」の仕様は以下の通り。

OMB Acoustic Pro仕様
・Fishmanピックアップ&OMBデバイス、ボリューム内蔵、イコライザー、USB MIDI出力、PLオーディオ出力、同期ボタン、バッテリー
・ボリューム、イコライザー、USB MIDI出力、PLオーディオ出力、同期ボタン、バッテリー
・ボディタイプ:ドレッドノート
・表材:アディロンダック・スプルース単板
・ネック:マホガニー(ドットインレイ)
・フィンガーボード&ブリッジ:マダガスカル・ローズウッド
・ネック結合:ダブテイルジョイント構造
・ボディバック&サイド:マホガニー
・アドバンスXブレイシング


BUILT INのエレキギター「OMB Electric Guitar」の仕様は以下の通り。

◆OMB Electric Guita仕様
・OMBのピックアップ、ボリューム、USB MIDI出力、PLオーディオ出力、同期ボタン、バッテリー
・ボディ材:ポプラ
・ネック:ハードメイプル(Cシェイプ) 25 1/2インチスケール(647.7mm)
・フレット:22フレット ニッケル ミディアムサイズ
・ネック:ボルトオン構造
・ナット幅42mm
・ブリッジ:6本ネジ ビンテージトレモロ (ダイキャストブリッジ)
・クロムメッキハードウェア
・OMBの弦
・ピックアップ:フロント:powersound F(フェライト)、ミドル:powersound M(フェライト)、ブリッジ:powersound H(アルニコ)


OMBアップグレードキットのサイズは長さ112.98mm、幅71.41mm、厚さ20.76mm。なお、記事作成時点では指で弦を持ち上げて音を高くする「チョーキング」には対応しておらず、認識できるのは14フレットまでの音だとのこと。


フットペダルは5つのフットスイッチを持ち、接続端子を装備して裏面に滑り止めゴムが取り付けられています。サイズは高さ36.41mm、幅252.55mm、奥行き221.01mmとなっています。


そんなOMBは、クラウドファンディングサイトのKickstarterで出資を募集中。目標金額は5万ドル(約554万円)だったのですが、締め切りまで7日を残した時点で既に目標額の12倍以上となる61万7800ドル(約6844万5300円)を集めています。

OMBをゲットしたい場合の出資プランは次のような構成になっています。

OMBアップグレードキット出資プラン
・149ドル(約1万6500円):OMBアップグレードキット×1個、OMB App、OMB App用演奏スタイル50タイプ、100ドル(約1万1100円)相当楽器購入クレジット
・299ドル(約3万3128円):OMBアップグレードキット×1個、フットペダル×1個、OMB App、OMB App用演奏スタイル50タイプ、100ドル(約1万1100円)相当楽器購入クレジット
*別途送料10ドル(約1100円)が必要

OMB Acoustic Guitar出資プラン
・249ドル(約2万7600円):OMB Acoustic Guitar×1個、OMB App、OMB App用演奏スタイル50タイプ、100ドル(約1万1100円)相当楽器購入クレジット
・249ドル(約4万4208円):OMB Acoustic Guitar×1個、OMB App、フットペダル×1個、OMB App用演奏スタイル50タイプ、100ドル(約1万1100円)相当楽器購入クレジット
*別途送料30ドル(約3300円)が必要

OMB Acoustic Guitar Pro出資プラン
・549ドル(約6万0800円):OMB Acoustic Guitar Pro×1個、OMB App、OMB App用演奏スタイル50タイプ、100ドル(約1万1100円)相当楽器購入クレジット
・699ドル(約7万7447円):OMB Acoustic Guitar Pro×1個、フットペダル×1個、OMB App、OMB App用演奏スタイル50タイプ、100ドル(約1万1100円)相当楽器購入クレジット
*別途送料30ドル(約3300円)が必要

OMB Electric Guitar出資プラン
・449ドル(約4万9748円): OMB Electric Guitar ×1個、OMB App、OMB App用演奏スタイル50タイプ、100ドル(約1万1100円)相当楽器購入クレジット
・599ドル(約6万6400円): OMB Electric Guitar ×1個、フットペダル×1個、OMB App、OMB App用演奏スタイル50タイプ、100ドル(約1万1100円)相当楽器購入クレジット
*別途送料30ドル(約3300円)が必要

それぞれのプランに応じて10ドルまたは30ドル(約3300円または約1万1100円)送料が別途必要。なお、OMBの出資期限は日本時間で2018年1月28日23時33分(日)までで、製品の出荷はすべて2018年9月が予定されています。

OneManBand (OMB) - A New Way to Play Guitar by OneManBand ? Kickstarter

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

8万円のドラムと60万円のドラムはどのぐらい音が違うのか? - GIGAZINE

原理的に避けられないギターの「フレット音痴」を解消する「Microtonal Guitar」 - GIGAZINE

ギターアンプ対決「出力50ワットのマーシャル1台」と「1ワットのマーシャル50台」はどのぐらい音が違うのか? - GIGAZINE

チタン製ボディを採用・プロ向けイヤホンメーカーが開発する「ROCKETS」 - GIGAZINE

レコードを立てた状態で再生する縦置きターンテーブル「Floating Record」 - GIGAZINE

ギターの指を置く場所をLEDランプで教えてくれる「Fret Zeppelin」 - GIGAZINE

ホラー映画の作曲家が作り出した悪夢の音を奏でる楽器「Apprehension Engine」 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア,   動画,   アート, Posted by log1f_yi