モバイル

iPhone Xの生産が2018年後半で終了し、Appleは新型iPhoneへ完全移行する可能性が浮上


2017年秋に登場したiPhone Xの生産が、2018年後半にも打ち切られるという見方が広がっています。iPhone10周年のタイミングに発表されたiPhone Xは顔認証機能「Face ID」を搭載するなど意欲的なモデルでしたが、実際には「生産コスト」が生産の足を引っ張ると同時に、最新機種のモデル構成戦略によって隅へと追いやられざるを得ない状況があるようです。

Apple Inc. Might Be Planning to Kill the iPhone X Later in 2018
https://www.fool.com/investing/2018/01/20/apple-inc-might-be-planning-to-kill-the-iphone-x-l.aspx

投資家向け情報の調査会社「Rosenblatt Securities」のアナリストJun Zhang氏によると、Appleは「2018年6月期におけるiPhone Xの生産台数を1000万台レベルに削減する見込み」とのこと。これにより、同期におけるiPhone Xの出荷台数は1500万台レベルにとどまるとも予測されています。

これは需要に合わせた生産計画であると同時に、Appleが意図的に下した判断であるともZhang氏は分析しています。Appleはこれまで、新しいiPhoneを毎年秋に発売したあとも、旧モデルの価格を下げて販売を継続してきました。これは、高価な最新モデルと平行して安価な「型落ち」モデルを併売することでマーケットを拡大するという戦略に基づいたものなのですが、どうやら2018年はこの方法を採らないという見方があがっているというわけです。

その理由は、2018年秋に登場するとみられる新型iPhoneが3モデル構成になるという予測にも関連しています。3モデルの構成は「iPhone X改良版で機能を向上させたハイエンドモデル」と、その画面を大きくした「Plusモデル」、そしてOLEDの代わりに液晶ディスプレイを搭載する「廉価版」となると見られており、3機種とも最新プロセッサ「A12」を搭載する見込み。すると、このモデル構成の中では「ハードウェアは1年遅れだがOLEDを搭載する」というiPhone Xの立ち位置が中途半端になってしまい、居場所がなくなってしまうという現実が待ち構えているのです。

By Aaron Yoo

しかも、Zhang氏の予測によると新型iPhoneの価格は799ドルから999ドル(約8万8000円~約11万円)になると見込まれており、2017年時点でこの価格を上回っているiPhone Xに価格面での競争力は望むべくもない状況。どうやらiPhone Xは「iPhone 10周年」を記念するモデルとして1年でその役目を終えるという見方が強まっています。

なお、2018年秋登場の新型iPhoneは、先述のように3モデル構成となり、Face IDの動作が改善されて内蔵メモリが拡大されるなど、ハードウェア面での拡充が見込まれています。さらに、iPhone Xを特徴付けていたディスプレイ上部の「ツノ」(または「切り欠き」)がなくなるとの見方も示されています。

Here's What to Expect From the 2018 Apple Inc. iPhone Lineup
https://www.fool.com/investing/2018/01/05/heres-what-to-expect-from-the-2018-apple-inc-iphon.aspx

・つづき
「iPhone Xは1年で終了」とiPhoneのリークでおなじみのアナリストも予測 - GIGAZINE

・関連記事
2018年以降に発売されるiPhoneはすべてTouch IDを放棄してFace IDへ移行か - GIGAZINE

iPhone Xの「Face ID」は性別や年齢が全く異なる別人でも突破できる - GIGAZINE

さっそくiPhone Xの顔認証機能「Face ID」を本人以外が突破してしまう - GIGAZINE

Appleの顔認証「Face ID」のセキュリティに関するApple公式文書を読み解く - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logx_tm