使いたい食材をAlexaに伝えるとレシピを調べてくれるクックパッド製Alexaスキルを使ってみた


冷蔵庫の残り食材から今日の献立を考え、足りない食材を買い出しに行くのは面倒くさいものです。しかし、最近ではクックパッドなどのレシピ検索サービスが充実してきたため、料理の献立をクックパッドで調べて決めるという人も多いはず。そんな中、クックパッドが「使いたい食材をAmazon EchoなどのAlexa搭載デバイスに伝えると、その食材を使ったレシピを教えてくれる」というAmazon Echo向けのAlexaスキルをリリースしました。豊富なレシピをそろえているクックパッドが製作した専用サービスとのことで、いったいどんなAlexaスキルになっているのか気になったので早速使ってみました。

クックパッドのAmazon Echo向けサービスをリリースしました ~開発で得られた音声操作の知見~ - クックパッド開発者ブログ
http://techlife.cookpad.com/entry/2017/11/21/181206

Amazon Echoで専用のスキルを使用するには、Amazon EchoとAmazonアカウントを紐付ける必要があります。手順はAmazon Echoのレビュー記事を読むとわかります。

人工知能Alexa搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo」開封の儀&実際に使ってみた - GIGAZINE


Amazon EchoとAmazonアカウントとの紐付けが完了したら、早速Amazon Alexaアプリからクックパッドのスキルを探します。Amazon Alexaアプリのホーム画面左上にあるメニューアイコンをタップ。


「スキル」をタップ。


検索フォームに「クックパッド」と入力して検索ボタンをタップ。


クックパッドのAlexaスキルが見つかるのでタップ。


「有効にする」をタップ。


クックパッドのAlexaスキルを使用するには、クックパッドのユーザー登録を済ませている必要があります。クックパッドに登録済みのメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をタップ。


「許可する」をタップ。


これでクックパッドのAlexaスキルがAlexaに追加され、登録済みのクックパッドアカウントとのリンクも完了しました。


なお、クックパッドのAlexaスキルはクックパッドのプレミアムサービス会員でないと使用することはできませんが、クックパッドのAlexaスキルをAlexaに追加したユーザーに対しては、クックパッドプレミアムサービスの30日間無料キャンペーンが実施中。Alexaアプリのホーム画面に送られたURLにアクセスすると……


30日間無料パスが利用できます。「パスでプレミアムサービスに登録」をタップ。


「メールアドレスでログイン」をタップ。


メールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をタップ。


再度30日間無料パスの利用画面が開くので、「パスでプレミアムサービスに登録」をタップ。


これでクックパッドプレミアムサービスへの登録は完了です。


クックパッドのAlexaスキルは、「手元にある食材をAlexaに伝えるとその食材を使ったレシピを調べてくれて、クックパッドのMYフォルダに追加してくれる」というものです。実際にAmazon Echoに呼びかけて、クックパッドのレシピを調べてもらったムービーがコレ。

クックパッドのAlexaスキルを使ってレシピを調べてもらった


Amazon Echoに「Alexa、クックパッドを開いて」と呼びかけると、Alexaが「クックパッドへようこそ。このスキルでは、材料から今日作る料理のヒントが得られます。使いたい材料を一つ教えてください」と答えるので、使いたい材料を伝えます。Alexaは「使いたい材料を一つ」と言いますが、複数の材料をまとめて伝えてもOK。「タマゴとタマネギ」と伝えてみると……


Alexaが「タマゴとタマネギですね。『炒め煮』『スクランブルエッグ』『中華炒め』『その他』からどの料理がいいか教えてください」と答えるので、ピンときた料理を答えます。「その他」を選ぶと、Alexaはさらに3件のレシピ候補を教えてくれます。今回は「スクランブルエッグ」と伝えてみました。


すると、AlexaがクックパッドのMYフォルダにスクランブルエッグのレシピを保存してくれます。


MYフォルダを開いてみると先頭にちゃんとスクランブルエッグがありましたが、どうやらこのレシピはブナシメジを使う模様。本当であればタマゴとタマネギだけで完結する料理がよかったのですが、現状ではそこまでの融通は利かないようです。


レシピが気に入ったら足りない材料を買いに行くか、材料がちょうどそろっているか足りない材料があってもよければすぐに作り出すことが可能。


今回はブナシメジなしで調理を開始しました。


タマネギを炒めて……


溶き卵を投入。


軽く炒めてスクランブルエッグの完成です。


クックパッドのAlexaスキルは記事作成時点において、手元にない食材を必要とするレシピをオススメされたり、ユーザーの発音に慣れないうちは「タマゴ」を「アナゴ」と聞き間違えて「穴子のふわとろ煮」という料理をオススメしてきたりといった欠点もあります。しかし、「食材はあるけどレシピを考えるのが面倒くさい」「足りないものがあれば買い物に行くつもりだけど、肝心のメニューが思いつかない」というときに重宝するスキルとなっていました。

・関連記事
声でスマート家電を制御できるハブ内蔵のAmazon Echo Plus&コンパクトなAmazon Echo Dot比較レビュー - GIGAZINE

スマホ遠隔操作・ジェスチャー操作・Amazon Alexaとも連携可能なディスプレイ付スマート目覚まし時計「Oboo Smart Clock」 - GIGAZINE

初音ミクと会話ができるAlexaスキル「Hey MIKU!」をAmazon Echoで試してみた - GIGAZINE

Google HomeとAmazon Echoで2匹のピカチュウの会話を再現した人物が登場、海外メディアも取り上げる - GIGAZINE

スマホをAmazon Alexa対応にするケース型スピーカー「Moto Smart Speaker with Amazon Alexa」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   ハードウェア,   動画,   , Posted by log1h_ik