甘酸っぱいラズベリー×ホワイトチョコの組合わせに心躍るスタバの「ラズベリー ホワイト モカ」「ラズベリー ホワイト チョコレート フラペチーノ」を飲んでみた


スターバックスから2017年のホリデーシーズン向けに新作ドリンクとして、「ラズベリー ホワイト モカ」と「ラズベリー ホワイト チョコレート フラペチーノ」が2017年11月1日(水)より登場しました。甘酸っぱさのバランスが絶妙なラズベリーソースとホワイトチョコレートの組み合わせが心躍る味わいに仕上がっているとのことで、早速飲んできました。

[新商品情報] ラズベリー ホワイト モカ|スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/cafe/raspberry/index.html?nid=wm_01_pc

スターバックスに到着。


店の前には、「ラズベリー ホワイト モカ」「ラズベリー ホワイト チョコレート フラペチーノ」の看板が飾ってありました。早速「ラズベリー ホワイト チョコレート フラペチーノ」と「ラズベリー ホワイト モカ」のホットとアイス、計3種類をそれぞれトールサイズで注文。


まずは「ラズベリー ホワイト モカ」トールサイズ(税抜480円)のアイスから飲んでみます。


モカの上にたっぷりのせられたクリームと、鮮やかな赤色のラズベリー風味のメレンゲがクリスマス気分を高めてくれます。ラズベリー風味のメレンゲは、サクッとした食感の中に甘酸っぱい風味が凝縮されており、溶けたあとにも口の中にほどよい酸味が広がります。


モカ部分にもラズベリーソースが入っているため、ストローで吸い込むとコーヒーの苦みとシロップの甘み、そこにラズベリーソースの酸味が合わさっていろんな味が楽しめます。苦みと酸味が同時に感じられるのが苦手だという人もいるかもしれませんが、酸味が加わることで後味がさっぱりしていてこれはこれでアリ。


続いて「ラズベリー ホワイト モカ」のホット。カップにクリスマスを感じさせるイラストが描かれていて、見ているだけで楽しい気分になります。色の塗り残しがあるのは意図的なもので、「敢えて色が全部塗られていない未完成なデザインで、お客様一人ひとりのストーリーをのせて完成させてほしいという想いを込めています」とのこと。


カップを開けるとこんな感じ。カップの口部分から飲むと、ホイップクリームとメレンゲ、モカとラズベリーソースがほどよくミックスされた状態で口の中に流れ込んできます。ドリンクが温かいからか、アイスよりもそれぞれの味を深く感じられます。


最後に「ラズベリー ホワイト チョコレート フラペチーノ」トールサイズ(税抜580円)を飲んでみます。


ベースとなる白色のドリンクにラズベリーソースが混ぜられており、見た目にも非常にきれいです。


フラペチーノをすくってみると、白色のドリンクにラズベリーソースの赤色が薄く混ざっているのがわかります。シャリシャリとした食感とラズベリーソースのほどよい酸味がぴったりで、ホワイトチョコレートの優しい甘みも全体の味をうまく整えている印象。


かき混ぜないまましばらくたつとソースが底に沈んでしまうので、定期的に全体をかき混ぜるのがおすすめ。


ラズベリーソースにはラズベリーの果肉も入っていて、カップの底には種がたまっていました。ラズベリーの種も食べてみると酸味を感じ、プチプチとした食感も楽しめます。


なお、「ラズベリー ホワイト モカ」はホット・アイス共にショートサイズが税抜440円、トールサイズが税抜480円、グランデサイズが税抜520円、ヴェンティサイズが税抜580円。「ラズベリー ホワイト チョコレート フラペチーノ」はトールサイズのみの提供で、税抜580円となっています。2017年11月1日(水)から2017年11月21日(火)までの期間限定商品のため、飲みたい人は早めに行くのがおすすめです。

・関連記事
スタバのほうじ茶がついにフラペチーノになった「ほうじ茶 クリーム フラペチーノ with キャラメルソース」試食レビュー - GIGAZINE

「カフェイン抜き」をスターバックスで注文する方法 - GIGAZINE

スタバ店員が選ぶ「最悪な注文カスタマイズ」集が色んな意味ですごい - GIGAZINE

ご褒美感満載の新作スーパープレミアムアイスクリーム全3種をコールドストーンで食べてきました - GIGAZINE

キンキンに冷えているのに温泉気分が味わえる「ガリガリ君リッチ 温泉まんじゅう味」を食べてみた - GIGAZINE

・関連コンテンツ

69

in 試食, Posted by log1h_ik