11万円超えのiPhone Xは「バリュープライス」とAppleのティム・クックCEOが発言


ついに登場した「iPhone X」は、これまでにないベゼルレスデザインにステンレススチール製の筐体、顔認証機能のFace IDなどさまざまな新機能や新要素がてんこ盛りですが、11万2800円から(999ドルから)とこれまでのiPhoneシリーズよりも価格がグッと高くなりました。しかし、Appleのティム・クックCEOいわく、iPhone Xの価格は「バリュープライス」だそうです。

Tim Cook: $999 is a ‘value price’ for iPhone X - The Verge
https://www.theverge.com/2017/9/19/16334092/tim-cook-apple-iphone-x-value-price-interview-good-morning-america-999


Tim Cook calls $999 iPhone X a ‘value price’ in new interview | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2017/09/19/tim-cook-999-iphone-x-value-price/

iPhone Xを発表したApple Special Eventのあと、Appleのティム・クックCEOが初めてインタビューに応えました。インタビューを行ったのは、アメリカ・ABCで放送されている報道番組「Good Morning America」でホストを務めるロビン・ロバーツ氏。

ロバーツ氏からiPhone XとFace IDのセキュリティについて消費者は心配する必要があるかと尋ねられたところ、クックCEOは「『我々の』ではなく『あなた方の』プライバシーを守っています。それは、我々が保護するデータが『我々のもの』ではなく『あなた方のもの』であると理解しているからです。そして、あなたがiPhone Xの前に顔を持っていけば、これは携帯電話になります。Appleがデータを持っているわけではありません。我々はあなたの端末上でデータを暗号化し、Face IDは誰が端末を持っているのかを判断してくれます」と回答しています。


Good Morning Americaでは視聴者からの質問も受け付けており、「私はインフレなどを理解していますが、平均的なアメリカ人にとってiPhone Xは手の届かない価格だと思いませんか?」という質問がクックCEOに投げかけられます。


これに対してクックCEOは、「この価格は実際にあなた方が手にする技術からするとバリュープライスです。明らかになっているように、多くの人が携帯電話を購入する際に長期の分割払いを利用しています。つまり、最初に一括で支払ってしまう人はほとんどいないわけです。また、ほとんどの人はそれまで使用していた端末を下取りに出しており、一部の通信事業者は補助金や割引制度も実施しています。特にiPhoneは日々の生活の中で非常に重要な役割を担うようになっており、人々もそれをますます望むようになっています。なので、我々はより便利になるようにますます多くのテクノロジーを組み込んでいるわけです」と語っています。つまり、クックCEOの回答は値段以上のテクノロジーがiPhone Xには詰め込まれている、というものでした。

なお、クックCEOがGood Morning Americaに出演した際の映像は以下から見ることができます。

Apple CEO Tim Cook 'encouraged' by President Trump's movement on Dreamers - ABC News

・関連記事
新型のプレミアムiPhone「iPhone X」発表 - GIGAZINE

「iPhone X」の実機がどんな感じかわかるムービーまとめ - GIGAZINE

iPhone 8とiPhone Xは「30分で50%の高速充電」に対応、ただし別途必要なものあり - GIGAZINE

「iPhone X」の新機能がよくわかるApple公式日本語字幕付ムービー公開中 - GIGAZINE

iPhone X・iPhone 8 Plus・iPhone 8・Apple Watch Series 3・Apple TV 4Kの高解像度画像まとめ - GIGAZINE

iPhone Xのディスプレイにある出っ張り部分にクリエイティブな適応をみせるデベロッパーたちのアイデアが面白い - GIGAZINE

スターバックスがiPhone XやiPhone 8のワイヤレス充電に対応すると発表 - GIGAZINE

102

in モバイル,  動画, Posted by logu_ii