動画

ヘヴィメタルの「叫び声」に特化したボーカル・コーチが存在する


ハリケーンのなか湖で激しく波がぶつかりあう「水の山」ばかりを撮影する写真家や、総重量500トンの「手作りの島」を創り上げて自給自足&踊りながら暮らす夫婦など、特定の「道」を極めた知られざる人々のドキュメンタリームービーを作成するGreat Big Storyが、今度はヘヴィメタルの叫び声に特化したボーカル・コーチのMelissa Crossさんに迫っています。

The Vocal Coach of Screaming


ムービーはガラガラの叫び声を上げる女性の姿からスタート。


「メタルシンガーにとって最もパワフルなのは、情熱を完全に解放することです」ということで、ボーカル・コーチのCrossさんが男性にガラガラの「叫び声」を教えている最中。いかにも喉に悪そうな叫び声ですが……


Crossさんは「喉を痛めることなく効果的な叫び声を作り出すこと」をシンガーらに教えており、ダメージはないようです。


もともとCrossさんはシェイクスピアの舞台など、オペラ出身であり、美しい歌声を出す通常のボーカルトレーニングも行っています。


しかし、多くの人が叫び声によって喉を痛めていることを知り、「叫び声」のボーカルトレーニングを開始。以来、「叫び声の先生」として知られています。


トレーニングを開始する前、シンガーらは叫び声を思うがままの方法で出していますが、これは非常に危険なこと。


普通の声とガラガラの叫び声を息継ぎなしに交互に行う方法や、息を吸いながら叫び声を出した後に一気に息を放出する方法など、さまざまな練習が行われていきます。Crossさんが教えるのは叫び声を上げる上での最低限のポイントですが、大きな効果があり、レッスンの後はシンガーらが声帯を痛めることがなくなるそうです。


動物の鳴き声のような奇妙な叫び声を上げる男性。やはり初めは少しぎこちないようです。


「メタルは特定の素行、そして忠誠のことを言います」と語るCrossさんは、メタルを愛しているからこそ「メタルに忠誠を誓い続ける」ためのレッスンを行っているわけです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
本を読むときに頭の中で「声」が聞こえる人と聞こえない人がいることが判明 - GIGAZINE

なぜ「録音した声」は普段の声とまるで違うものに聞こえるのか? - GIGAZINE

悪魔崇拝系バンドがCIAの拷問に使われた曲の使用料として666,000ドルを請求 - GIGAZINE

「好奇心の窓」によって音楽の好みは20代のうちに固定されてしまう - GIGAZINE

「音楽で感動できるタイプ」かどうかは脳内部位の連携の活発さに左右されていることが判明 - GIGAZINE

脳が音楽から「意味」を感じ取っている様子がLSDを使った検証で明らかに - GIGAZINE

音楽を聴いて鳥肌がたつ人とそうでない人では脳にどのような違いがあるのか? - GIGAZINE

今まで未解明だった「音楽」が脳で処理されるメカニズムが明らかに - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.