メモ

「BitTorrent」の開発者ブラム・コーエンが独自の暗号通貨に乗り出す


ブラム・コーエン氏はBitTorrentの開発者として、そしてゲームメーカー・Valveのオンラインゲームプラットフォーム「Steam」の開発に携わったことでも知られているプログラマーです。今、コーエン氏が興味を抱いているのは「暗号通貨(仮想通貨)」で、お金儲けのためではなく、Bitcoin(ビットコイン)の抱える問題などを指摘した上で、問題解決を目指し独自の暗号通貨を作って企業化することを考えています。

The Future Of BitTorrent, with Bram Cohen – STEAL THIS SHOW
https://stealthisshow.com/s02e14/

BitTorrent Inventor Bram Cohen Will Start His Own Cryptocurrency - TorrentFreak
https://torrentfreak.com/bittorrent-inventor-bram-cohen-will-start-his-own-cryptocurrency-170424/

技術的な部分を抜きにしても、ビットコインには無駄があると感じているコーエン氏。特に、採掘の価値については、プロセッサ時間ではなくストレージ容量をベースとするほうが優れているのではないかと考えているそうです。


しかし、コーエン氏がやろうとしているのは、この考え方をビットコインに持ち込むことではなく、新たな暗号通貨を生み出すこと。

ビットコインなどの暗号通貨にはネットワーク内の採掘速度で50%以上を支配すると不正取引を成立させることが可能になる「51%攻撃」と呼ばれる問題点があります。現実的には、50%を超える採掘速度を確保することはそう容易ではありませんが、コーエン氏の考えるストレージベースの採掘であれば、「採掘の集中化」は発生しづらくなり、「51%攻撃」の危険性も下がります。

すでにストレージベースの採掘が行われている暗号通貨として「Burstcoin」がありますが、コーエン氏は「もっとうまくやれる」と確信しているとのこと。

Burstcoin – HDD Mining C:\urrency – Be your own Bank – with Bitcoin Blockchain Technology
https://www.burst-team.us/


2017年1月にスタンフォード大学で開催された「Blockchain Protocol Analysis and Security Engineering 2017」にもコーエン氏は参加していて、「Combining Proofs of Space and Proofs of Time」の題で講演を行っています。

Proofs of Space and Time Removing Waste by Bram Cohen
(PDFファイル)https://cyber.stanford.edu/sites/default/files/bramcohen.pdf

こちらが講演の映像。

Combining Proofs of Space and Proofs of Time - BPASE ’17 - YouTube


コーエン氏がいったいどんな暗号通貨を生み出すのか、そしてその暗号通貨は世界にどのような影響を与えていくのか、BitTorrentやSteamのように残っていくものになるのか、気になるところです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
いよいよ普及期に突入しそうな「仮想通貨」について知っておくべきことまとめ - GIGAZINE

Bitcoin採掘の7割を中国が占め、元開発者が「実験は失敗だった」と表明 - GIGAZINE

Bitcoinが史上最高値を3年ぶりに更新、相場が上昇し続けているワケとは? - GIGAZINE

Bitcoinの代わりとして注目を集める追跡不能の仮想通貨「Zcash」とは? - GIGAZINE

Bitcoinが抱え解決が求められている「ブロックサイズ問題」とは - GIGAZINE

Bitcoinをはじめとする仮想通貨がどれぐらいの市場規模になっているのかがわかるランキング「Crypto-Currency Market Capitalizations」 - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.