×
ネットサービス

ジャマイカ・ボブスレーチームが平昌五輪に向けてクラウドファンディングで今度はヘッドコーチ招へい資金を募集中


映画「クール・ランニング」は、南国ジャマイカのボブスレーチームが1988年のカルガリーオリンピックに初出場した実話を基に作られました。そのカルガリーオリンピックから30年後の平昌オリンピックに向けてジャマイカ・ボブスレーチームが、なんとヘッドコーチを招く費用をクラウドファンディングで募っています。

Jamaica Bobsled: Head Coach Fund by Kathleen Pulito - GoFundMe
https://www.gofundme.com/JamaicaBobsled


ジャマイカ・ボブスレーチームはクラウドファンディングサイトgofundmeで、目標金額を6万ドル(約680万円)に設定して資金を募っています。資金集めの理由は、「ボブスレーチームのヘッドコーチ(監督)を雇うため」だとのこと。ジャマイカ・ボブスレーチームにとって、平昌オリンピックを戦う上で欠けている唯一のピースがチームを導くヘッドコーチであり、集まったお金はヘッドコーチへの報酬に充てられるようです。

ちなみに、ジャマイカ・ボブスレーチームは前回のソチオリンピックでも「新しいソリを購入するため」に資金をクラウドファンディングで募っており、目標額の8万ドル(約800万円)を大幅に上回る12万9000ドル(約1300万円)もの資金をゲット。資金が集まりすぎて「もう寄付金を送らないで」と選手が会見で呼びかけるという事態にまで発展していました。

「次世代クール・ランニング」ことジャマイカボブスレーチームがソチ五輪出場に必要な資金を寄付にて調達中 - GIGAZINE


なお、前回の資金募集の理由であった競技用の「ソリ」については、すでに東京の下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会から「下町スペシャル」をゲットしており、準備は万全。あとはヘッドコーチを呼び寄せるのみという状況です。

下町ボブスレーネットワークプロジェクト公式サイト | 冬季五輪を目指すモノづくり大田区からの挑戦。
http://bobsleigh.jp/


ソリからヘッドコーチに至るまで世界中からサポートを受けようという「おんぶにだっこ」状態のジャマイカ・ボブスレーチームですが、果たして二匹目のドジョウはいるのでしょうか……。

ジャマイカ・ボブスレーチームのクラウドファンディングプロジェクトへの出資期限は2017年1月27日で、記事作成時点では寄付金の額は1300ドル(約15万円)にとどまっており苦戦しています。

Jamaica Bobsled: Head Coach Fund by Kathleen Pulito - GoFundMe

・関連記事
「次世代クール・ランニング」ことジャマイカボブスレーチームがソチ五輪出場に必要な資金を寄付にて調達中 - GIGAZINE

無料でサーバ証明書を発行してくれる「Let’s Encrypt」が運営資金をクラウドファンディングで募集 - GIGAZINE

国境監視・防衛用ドローンの購入予算をクラウドファンディングで募集し成功 - GIGAZINE

「ファミコン風」の映像で大人気のボブスレー・ジャマイカ代表のテーマソングムービー「The Bobsled Song」 - GIGAZINE

自転車でボブスレーのコースをかっ飛ばすスリリングすぎるムービー - GIGAZINE

ポテトサラダへの出資を募集したところKickstarterで目標額の3000倍以上が集まる - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logv_to