×
メモ

スターバックスのCEOが語る「Amazon効果」とアメリカ大統領選が小売業に与える影響とは

By Javier González

全世界にコーヒーショップを展開するスターバックスが業績発表会を開催し、2016年10月期の全世界売上高が昨年比16%アップとなる57億ドル(約5900億円)だったことを発表しました。1年で2100店舗がオープンし、中国では1日に1店舗のペースで開店が続くという好調さが伝えられるスターバックスのCEOであるハワード・シュルツ氏は発表会で、アメリカの大統領選挙とネット小売りの巨人・Amazonが消費者の購買活動に影響を与える「Amazon効果」について語っています。

Starbucks CEO Howard Schultz: How the 'Amazon effect' and the U.S. presidential campaign are impacting retail - GeekWire
http://www.geekwire.com/2016/starbucks-ceo-howard-schultz-amazon-effect-u-s-presidential-campaign-impacting-retail/

ニュースなどでも伝えられる通り、アメリカでは2人の候補者による激しい大統領選が繰り広げられており、過激な持論を展開するトランプ氏と、公務に私用アドレスを用いたことが問題視されているクリントン上院議員との「非難合戦」がピークを迎えています。今回の大統領選で特徴的な点は、単なる2人の候補の「言い争い」だけではなく、アメリカ社会に横たわる貧富の差や、これまでくすぶっていた人種ごとの不満が大きく表面化したことであり、今後のアメリカ社会の安定性に不安が残されたという見方も広がっています。

トランプVSクリントンのアメリカ大統領選、Facebook人気ならトランプ圧勝 - GIGAZINE


そんな状況について、スターバックスのシュルツCEOは「アメリカ国内に端を発し、世界各国にも影響を与えかねないほどの高い不確実性の時代」と表現すると同時に、アメリカ国内の小売業界でも「今後の社会で何が起こるかわからない」という見方が広がっていると語っています。事実、消費者の行動においても少なからず影響が現れているようで、国内各社の経営陣からは、大統領選が終わって元どおりの消費行動に戻ることを期待する声が多く聞かれると語っています。

同時にシュルツCEOは、大統領選に関係なく生じている消費者の消費活動について語る必要があるとも述べています。シュルツCEOは、アメリカの物流大手「FedEx」のフレッド・スミスCEOとの会話の中で、アメリカのみならず世界中で消費者の行動パターンが変化していることについて意見を交換したことを明かし、人々が実在する店舗やショッピングモールに足を運ばなくなり、かわりにネットでモノを買う「eコマース」を利用する消費パターンに変化している状況があると指摘し、これを「Amazon効果(the Amazon effect)」と呼んでいます。

By Atomic Taco

このAmazon効果による変化は無視できないとするシュルツCEOは、今後の小売業の見通しについて「今からおよそ5年後には小売業の様相が一変し、従来型の店舗からの売上を核とする小売業の多くが事業を続けられなくなる時代が間違いなく訪れ、また、あらゆるチャンネルから消費者が商品を購入できるオムニチャネルのビジネスモデルにも困難な時代が訪れるでしょう」という厳しい見方を示しています。

そのような状況の中におけるスターバックスの在り方についてシュルツCEOは「スターバックスは人々が集まる『コミュニティ』としての存在感や、今後予測される同業他社の事業撤退などによる競争鈍化により、確固たる地位を築き上げることで事業を継続できる」という見方を示しています。またシュルツCEOは「我々は、小売業が変化する時代のごく初期に位置しており、スターバックスは全ての点において長期的視点に立った作戦展開を行っています」と、今後の展開について述べています。

そんなスターバックスの今後の核の1つとなりそうなのが、「コーヒーの世界を五感で体験できる」という店舗スタイルの「ロースタリー」ということになる模様です。すでにシアトルでは2015年にオープンしているロースタリー店舗は、いわゆる「サードウェーブコーヒー」を意識しつつ、さらにその先を行くことを狙った店舗とのことで、目の前でコーヒー豆が焙煎される様子などを体験できる作りになっています。

ブルーボトルを意識したロースタリー併設のスタバの新業態店舗に行ってきた - GIGAZINE


今後はこのロースタリーを上海やヨーロッパで2017年中にオープンさせ、翌2018年には世界中に拡大させる予定とのこと。日本でも、2018年に東京で日本初となるロースタリーがオープンする予定となっています。

スターバックス コーヒー ジャパン 国内初となる「スターバックス リザーブ ロースタリー」を2018年に東京でオープン 世界的建築家 隈研吾氏 コーヒーの世界を五感で体験できる店舗の設計をリード プレスリリース(2016/10/20) | スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2017-1928.php

・関連記事
元Amazon社員が明かす、”最強の捕食者“Amazonのビジネスモデルとは? - GIGAZINE

隆盛を極めたアメリカのショッピングモールの現在、これからの成長戦略とは? - GIGAZINE

1971年創業のシアトルにあるスターバックスコーヒー1号店に行ってきた - GIGAZINE

ブルーボトルだけではないサンフランシスコのサードウェーブコーヒー店事情 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logx_tm