桃とレアチーズの風味が豊かな「カフェ アクイーユ」の桃のレアチーズパンケーキを食べてきた


パンケーキが有名なお店「カフェ アクイーユ」が、6月1日からパンケーキ生地を一新し、これまで以上に「しっとりもっちり食感でありながら軽い口当たりを実現」するのと同時に、新商品として「桃のレアチーズパンケーキ」が加わったということなので、食べに行ってきました。

カフェ アクイーユ - cafe accueil | 恵比寿 横浜に展開するパンケーキが有名なカフェのサイトです。
http://accueil.co.jp/

今回は恵比寿店に行ってきました。場所は恵比寿駅西口を出て徒歩5分ちょっと。


外観はこんな感じ。


今回のお目当ては6月1日から7月19日までの期間限定パンケーキ「桃のレアチーズパンケーキ」。


店内はとてもおしゃれな雰囲気。


パンケーキに合わせて注文した自家製レモネードソーダ(税別560円)。


注文してから約10分ほどで「桃のレアチーズパンケーキ」(税別1560円)が到着。


その直径はおおよそiPhone 5sと同じぐらい。


パンケーキの上にのっているのが濃厚レアチーズ。


食感は「ふわふわ」ですが、口の中で消えてしまうのではなく、しっかりとしたチーズケーキを食べているかのような感じがあります。


そして桃。甘さは強すぎないものの、鼻の方にまで抜けてくるような風味があります。パンケーキはこの桃とチーズを受け止める、もっちりむっちり食感のもので、かなり食べ応えがあります。デザートではあるのですが、お昼ごはんを多めに食べていると苦しくなりそう。


アクイーユにはいろいろなパンケーキがあって目移りしてしまうのですが、平日ディナー時間帯であれば、人気パンケーキ5種類をミニサイズながらワンプレートに集めた「スペシャルサンク(5)」(税別1680円)というメニューがあります。


どれぐらい小さいかというと、iPhone 5sと比較したときこれぐらい。「一口サイズ」よりは大きめ。


マロンクリーム・バニラアイス・ホイップクリームを使った和栗のモンブランパンケーキ。栗の風味がもったりと濃厚で、モンブラン好きならぜひ注文して欲しい品。


マシュマロをのせてオーブンで焼いた「焼きマシュマロパンケーキ」。こんがりと焼かれたマシュマロの甘みに対して、バターの塩分が適度なアクセントになった品です。


「バニラ&ホイップ&バナナパンケーキ チョコレートソース」は、バニラと生クリームとバナナという鉄板の組み合わせ。さらに、そのいずれとも相性のいいチョコレートソースが加わって敵なし。これぞ安定の味わいといった感じです。


いちご・森いちご・ラズベリーをのっけた「いちごベリーパンケーキ」。ベリー3種の甘みと酸味があって、そこにバニラアイスの甘みが加わってきます。


これは「トリプルチーズパンケーキ」。クリームチーズ、カマンベールチーズ、パルミジャーノ・レッジャーノを使っています。


ちょっとハチミツを垂らして食べます。チーズの塩分がパンケーキの甘みを引き立てる、他4つのパンケーキとは一線を画した品。これは大きなサイズのものもぜひ食べてみたいところ。

・関連記事
ジューシーな果物たっぷりのパンケーキや濃厚な本格派チョコレートフローズンドリンク「チョコリスタ」などタリーズの新作6品試食レビュー - GIGAZINE

もちふわ触感が口に入るとやさしく溶ける驚愕の「リコッタチーズパンケーキ」をMicasadeco&Cafeで食べてきた - GIGAZINE

お皿の上でぷるぷる揺れる、もちふわ食感の焼きたてパンケーキを「茶香」で食べてきました - GIGAZINE

極厚なのに驚きのふんわりやわらかパンケーキ「ホワイトスフレパンケーキ」をバーンサイドストリートカフェで食べてきた - GIGAZINE

濃厚チーズのしっとりパンケーキがボール状になった「パンケーキボール」を食べてみた - GIGAZINE

濃厚チョコをふわふわパンケーキでたっぷり堪能「チョコレート&マカダミアナッツパンケーキ」をクア・アイナで食べてきた - GIGAZINE

ストロベリー×チョコでバレンタイン感満載なJ.S. PANCAKE CAFE「ストロベリー チョコレート マスカルポーネ パンケーキ」を食べてきた - GIGAZINE

151

in 試食, Posted by logc_nt