映画

「GANTZ」大阪編のフル3DCGアニメーション映画「GANTZ:O」特報映像公開


奥浩哉のSFアクションマンガ「GANTZ」の新プロジェクトとして、大阪編が「GANTZ:O(ガンツ:オー)」のタイトルでフル3DCGアニメ映画化されます。そのメインビジュアルと特報映像が公開となりました。

GANTZ:X|ガンツ公式サイト
http://gantzx.jp/

GANTZ:O|ガンツ:オー 公式サイト
http://gantzo.jp/

メインビジュアルはこんな感じで、「転送先、地獄。」のキャッチコピーが添えられています。


「GANTZ」は週刊ヤングジャンプで2000年から2013年にかけて連載された、奥浩哉によるSFマンガ。死んだはずの人間たちが集められ、謎の「星人」たちと壮絶な死闘を繰り広げる話で、今回映画化される「大阪編」は、その中でも人気の高いエピソードです。

『GANTZ:O』特報 - YouTube


総監督はテレビアニメ「TIGER&BUNNY」や映画「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」を手がけたさとうけいいち、監督は「APPLESEED」CGディレクターの川村泰。脚本は「ONE PIECE FILM FOLD」や「LIAR GAME」などで活躍する黒岩勉。アニメーション制作は実写映画版の「GANTZ」シリーズでVFXを担当したデジタル・フロンティア。

原作者の奥浩哉さんも「僕が多分世界一楽しみにしています」とコメント。映画は2016年10月14日公開です。

◆スタッフ
原作:奥浩哉
総監督:さとうけいいち
監督:川村泰
脚本:黒岩勉
制作:デジタル・フロンティア
配給:東宝映像事業部
製作:「GANTZ:O」製作委員会
公式HP:http://gantzo.jp
GANTZポータルサイト:http://gantzx.jp
©奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

・関連記事
GANTZに出てきそうな一輪車「モノサイクル」が実際に走行しているムービー - GIGAZINE

ヤングジャンプ連載中の「GANTZ」が二宮和也・松山ケンイチ主演で実写映画化、2011年公開 - GIGAZINE

ハリウッド映画と戦えるCG映画を目指す「バイオハザード ダムネーション」の小林裕幸プロデューサーにインタビュー - GIGAZINE

最高レベルのCGを駆使し、他には考えられないキャストを揃えた映画「サマーウォーズ」の細田守監督へインタビュー - GIGAZINE

in 動画,   映画,   アニメ, Posted by logc_nt