ゲーム

ピンボールの玉がぶつかるとインクが画面いっぱいにびちゃびちゃ飛び散る「INKS」


ピンボールゲームといえば、Windows機に代々収録されていた「3D ピンボール」が広く知られていますが、玉が盤上のターゲットや壁に当たり、インクで盤面をカラフルに塗りまくるピンボールゲーム「INKS」がiOS向けに開発されています。App Storeでの公開を控えて、INKSがどのようなゲームなのかがよく分かる動画が公開されています。

INKS - Official Trailer - Coming to iOS May 2016 - YouTube


ピンボールの台の中央から……


黄色の玉が打ち出されて、ゲームスタート。


左右のフリッパーを使い、玉を画面上部へ打ちます。


打ち上げられた玉は、盤面上部のカーブを通るのですが、赤・青・黄のカラフルな壁に玉が当たると、インクが壁から吹き出して画面にびちゃびちゃと飛び散ります。


インクを吸った玉は、線を描きながら進んでいきます。


INKSはさまざまなステージがあり、カーブの多いステージだと……


玉が通るとカラフルなインクが画面を埋め尽くします。


ステージの形は多種多様。


円形のターゲットがたくさん配置されたステージは……


玉がターゲットにぶつかりまくるので、インクが飛び散る面積が他のステージよりも広め。


玉は最後に通ったインクの色を吸って、白い盤面にインクの筋を描きながら縦横無尽に動き回ります。玉の軌跡がハッキリと見えるのもINKSの面白いポイント。


以下のプレイ画像を見ると、玉が壁にぶつかった際に、壁と同じ色のインクが盤上にブワッと広がる様子がよく分かります。


INKSはApp Storeで2016年5月5日に公開予定で、価格は未定です。


INKSを開発したのは、ゲーム・アニメクリエイター集団のState of Play。ロンドンで開催されたゲーム見本市London Games Festival 2016の会場で、INKSのデモプレイが行われました。

Listening/watching to @State_of_Play talk about Inks @AppleUKStore. Who saw #Inks at @nowplaythese? #LGF2016 pic.twitter.com/aUcwTwY7Xu

— LondonGamesFestival (@londongamesfest)

インクがびちゃびちゃ飛び散りまくりのプレイムービーは、以下から見ることができます。

Excited we're talking & showcasing INKS at venues across @londongamesfest from Friday including @nowplaythese & @BFI pic.twitter.com/v44LWXBpOW

— State of Play Games (@State_of_Play)

モバイル端末用のゲーム開発だけでなく、ピンボール台を再現した巨大な機械も作られた様子。

getting cosy in @State_of_Play now pic.twitter.com/n3TIyKKMal

— George Batchelor (@georgebatch)

巨大なピンボール台でINKSをプレイしているところは、以下から見ることができます。

Inks - a pinball painting game by State of Play https://t.co/DRD5iDOERM

— Keith Stuart (@keefstuart)

State of Playは過去にも数多くのユニークなゲームを開発しています。一例として、パズル冒険ゲーム「Lumino City」は、なんとステージがすべて手作りで、キャラクターや建物が細部まで緻密に作り込まれています。

Lumino City: Coming Soon to iPhone & iPad - YouTube


Lumino Cityの製作過程は以下のムービーで見ることが可能。

From Paper to Play: How they made Lumino City - Teaser - YouTube


Lumino Cityがどのようなゲームなのかは、以下のプレイムービーを見るとよく分かります。

iOSアプリ【Lumino City 日本語版】#1 美麗謎解きパズルゲーム - YouTube


Lumino CityはiOS版・Steam版の2種類が配信中で、App Storeでは600円で販売されています。

Lumino Cityを App Store で
https://itunes.apple.com/jp/app/id958604518


Steam版の価格は1980円。サウンドトラック付きバージョンは2480円です。

Steam:Lumino City
http://store.steampowered.com/app/205020/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Windowsの「3D ピンボール」完成までの物語、無名のスタートアップが20年も愛されるゲームをどのように作ったのか? - GIGAZINE

XPまであったゲーム「ピンボール」がWindows Vistaから消えた知られざる理由とは? - GIGAZINE

消えつつあるピンボールを救うべく開発された新たなピンボールマシン - GIGAZINE

キュートな3の倍数をひたすら足しまくって高得点を狙う無料パズルゲームアプリ「Threes!」 - GIGAZINE

六角形を回転させてブロックを消していくテトリスっぽい無料ゲーム「Hextris」 - GIGAZINE

限られた土地で「縦方向」に環境を考えつつ都市を築いていくシミュレーションゲーム「Block’hood」 - GIGAZINE

Wii Uナシでもスプラトゥーンっぽいイカしたインクバトルができるゲームまとめ - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.