動画

有人飛行を可能にするドローン+ヘリコプターのエアクラフト「Volocopter VC200」が初フライトに成功


2010年からヘリコプターとドローンを融合させたエアクラフトを実現する「Volocopter VC200」が開発されています。18の回転翼を搭載し、人を乗せて飛行できるほどの揚力を得たVolocopter VC200が6年の月日を経てついに有人飛行を果たしています。

World premier: Volocopter is flying manned!
 - A step forward in urban mobility
http://press.volocopter.com/index.php/press-releases-main/english-kategorie/104-world-premiere-volocopter-is-flying-manned-dawn-of-a-revolution-in-urban-mobility

有人飛行の様子は以下のムービーから見ることができます。

Dawn of a revolution in urban mobility - first manned flight with the Volocopter VC200 - YouTube


ガラガラ……と倉庫の扉が開きます。


倉庫からVolocopter VC200が登場。


パイロットであるAlexander Zosel氏の後ろにあるのがVolocopter VC200です。Volocopter VC200のアイデアが生まれたのは2010年のことで、2011年にはデモンストレーター・モデルを動かしていたとのこと。


デモンストレーター・モデルはこんな感じ。


そして、2013年にはVolocopter VC200の無人飛行の様子が公開されました。有人飛行が可能なVolocopter VC200ですが、コントローラーを使った無人飛行にも対応しています。


数人がかりでVolocopter VC200を移動させます。


ドイツで飛行許可を取得するには3年の年月を要したそうです。


そして、2016年3月30日、始めて有人飛行のテストが行われます。


機体に乗り込むAlexander Zosel氏。


人が乗り込むとこんな感じです。二人乗りもできる設計なので、スペースに余裕はあります。


ボタンを押して準備。離陸までの準備は数十秒で完了します。


そして……


ゆっくりと離陸。


ジョイスティックで操作を行うZosel氏。


上空高くに飛び上がっていきます。


下から見るとこんな感じ。


飛行が安定すると……


ジョイスティックから手を離しても大丈夫なようです。 Volocopter VC200はヒューマンエラーによるヘリコプターの事故を減らすという目的で設計されているので、操作を簡単にしてあるとのこと。そのため、低コストでパイロットの育成ができるそうです。


地上20~25メートルのところで安定した飛行を見せるVolocopter VC200。スピードは時速100kmまで上げられます。


操作は非常に簡単なように見えます。


「イエーイ」と親指を立てるZosel氏。


飛行を終え、ガッツポーズで離陸しました。


仲間たちとハグ。


Volocopter VC200での飛行についてZosel氏は「素晴らしいフライトだった」と語っています。機体に乗り込んでからの離陸準備は20秒ほどで終わり、離陸の瞬間は雄大な気持ちになれたそうです。

・関連記事
全自動飛行可能でパイロット不要の1人乗りドローン「EHANG184」 - GIGAZINE

人を乗せて実際に飛び上がれるドローンが浮上する様子が公開、一体どうやって設計したのか - GIGAZINE

60kgの荷物を持ち上げる巨大ドローン「メガコプター」がギネス新記録を樹立 - GIGAZINE

ドローンを空中で捕まえる「ワシ」を警察が訓練中 - GIGAZINE

スター・ウォーズのようなエアレースをドローンが繰り広げる - GIGAZINE

in ハードウェア,   乗り物,   動画, Posted by logq_fa