メモ

広告ブロックユーザーがYahoo!メールにブロックされる事態が続出


アメリカでYahoo!メールにアクセスしようとしたら「アドブロックを無効にしてから続行してください」という表示と共にアクセスをブロックされたユーザーが続出しています。何かの不具合かのようにも思えますが、アメリカYahoo!が意図的に行っていたことだとして、大きな波紋を呼んでいます。

Adblock Plus • View topic - Yahoo Mail now locking out Adblock users
https://adblockplus.org/forum/viewtopic.php?f=2&t=42447

Yahoo Mail is blocking ad-block users from accessing their email - Digiday
http://digiday.com/brands/yahoo-mail-blocking-ad-block-users-accessing-email/

ことの発端は2015年11月19日にAdblock Plusのフォーラムに書き込まれた以下の内容。「Yahoo!メールのページを読み込んでいたら数秒後にこんな画面で歓迎された」という文章と共にアップされたのは、「Yahooメールを表示できません。アドブロックを無効にしてからYahooメールを続けてください」というメッセージが書かれた画面のスクリーンショット。URLには「ADBLK_TRAP」という文字がくっついています。最初にフォーラムに報告したユーザーはGoogle Chromeを使用していましたが、「自分はFirefoxユーザーだけど同じことが起こる」とコメントした人がいたことから、ブラウザによる不具合でないことが分かります。


同様のページが表示されたYahoo!メールユーザーは多く存在し、Twitter上でも報告が多数行われています。

「Yahooメールがアドブロックを使用しているという理由で受信箱をブロックしてきた。いいことだと思うよ。さよなら!そしてこんにちはApple Mail」

「『Yahooメールを使うにはアドブロックを無効にしてください』。私にYahooメールを使ってほしくないのか?だったら良いスタートだ」

「最悪、Yahooメールがアドブロックを無効にさせようとしてきた。ふざけるな」

フォーラムに投稿が行われたその日にDigidayが報道を行い、事態は多くの人に知られることとなります。ニュースメディアのVentureBeatがYahoo!広報に問い合わせたところ、「Yahoo!は新しいプロダクトのテストを行っており、『アドブロックを無効にしてください』という表示はアメリカの少数のYahoo!メールユーザーに対して表示されたものである」という回答があったそうです。

VentureBeatがFirefox搭載PCでYahoo!メールを開いてみたところ、同ページは表示されなかったそうですが、URLに「reason=ADBLK_TRAP」というパラメーターを追加したところメッセージの表示が確認できたそうです。

同様の仕組みは既にロンドンの新聞社City A.M.やアメリカの新聞社Washington Postも実験し始めており、Yahoo!もこれらの出版社に続く形となったわけですが、「他の媒体で似たような記事が読めるニュースサイトと、ユーザーの個人的なコンテンツが含まれるメールサービスで行うのは意味が違う」として「危険な行いだ」とアドブロック対策技術を開発するYavliのCEOであるTom Yeomans氏は語りました。

・関連記事
使える「広告ブロック拡張機能」10選 - GIGAZINE

Adblockよりもはるかに軽い広告除去ツール「µBlock」を使ってみました - GIGAZINE

広告除去機能のユーザーをブロックするニュースサイトが登場し開発会社とバトル勃発 - GIGAZINE

スマホの広告を全消去する「Adblock Browser」アプリを実際にインストールして使ってみた - GIGAZINE

広告ブロック回避サービスがハッカーに乗っ取られてマルウェア配信 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa