ウェブアプリ

Gmailで行方不明のメールをゴミ箱・迷惑メールから検索する方法がより簡単になったのでやってみた

By Jeroen François

Gmailの検索ボックスは初期設定のままだと迷惑メール・ゴミ箱を検索しないようになっているため、どこかに紛れ込んだ1通を探し出すには詳細設定を変更する必要がありましたが、検索ワードの内容にマッチするメールがゴミ箱などにある場合に、その旨を画面にメッセージとリンクで表示する新機能が追加されました。この変更によりどんな風に検索できるようになったのか、実際に使ってみました。

Google Apps update alerts: Find ‘missing’ emails more easily in Gmail
http://googleappsupdates.blogspot.jp/2015/11/find-missing-emails-more-easily-in-gmail.html


検索ボックスにキーワードを入力して検索すると、メールボックスの下側に「[ゴミ箱]または[迷惑メール]内のメールが検索条件に一致しています」というメッセージが出現。「メールを表示します」というリンクをクリックすると……


迷惑メールに潜んでいたメールをすぐさま表示することができました。メールが開封されるわけではないので、表示された一覧の中から探していたメールで合っているかどうか確認することも可能です。


なお、検索ワードに誤字があるなど、うまくメールが見つからない内容になっている場合は、「検索条件に一致するメールは見つかりませんでした。送信者、日付、サイズなどの検索オプションを使用してみてください」というメッセージも表示されるようになっています。


クリックすると、入力していた検索ワードを元に詳細設定画面が開きました。


ちなみに、従来の方法による迷惑メール・ゴミ箱の検索方法も引き続き使用可能です。まずは検索ボックス右端の矢印をクリックして……


詳細設定画面が開いたら「すべてのメール」をクリック。


すると検索できるフォルダが展開されるので、「すべてのメール(迷惑メール・ゴミ箱のメールを含む)」を選択すれば、迷惑メール・ゴミ箱からでも検索が可能になっていました。今回の新機能では、同様の結果を事前の設定なしで得られるようになったというわけです。

・関連記事
Gmailのわずか2クリックで迷惑メール自動振り分けを設定可能な新機能の使い方 - GIGAZINE

Gmailのスパムフィルターがニューラルネットワークで強化、大量送信者向け新ツールも公開 - GIGAZINE

機械学習で返信メールを自動生成する機能をGoogleのメールアプリ「Inbox」が実装予定 - GIGAZINE

Gmailのメールを送信後に破壊して読めなくできるChrome拡張「Dmail」 - GIGAZINE

Gmailでメールの「送信取り消し」が可能に、メールの誤送信も最大30秒まで取り消し可能 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log