ムービー

核実験が実施された場所や爆発規模を地図上で時系列で表示する戦慄のムービー「Trinity」

By Steve Snodgrass

1945年から2009年にかけて、世界各地で新しく開発した核爆弾の性能を確かめるため、核爆弾を爆発させる核実験が2000回以上も行われてきました。中にはたった1発で第二次世界大戦で使われた総爆薬量の10倍の威力を持つ水爆が実験的に爆発したこともあるのですが、一体いつ・どこでそのような恐るべき核実験が行われてきたのかを平面の地図上に時系列で表示していく戦慄のムービー「Trinity」がVimeoで公開されています。

Trinity on Vimeo


1945年7月16日、人類史上初めて行われた核爆発実験のコードネーム名は「トリニティ」。使用されたのは、長崎に投下されたものと同型の核爆弾でした。


Trinityの実験からまもなく、長崎と広島に核爆弾が落とされてしまい、1945年を皮切りに世界中で核爆弾の爆発実験が繰り返されるようになりました。


平面の世界地図で、アメリカ・ニューメキシコ州ソコロの実験場で、トリニティ実験に使われた爆縮型プルトニウム原子爆弾が爆発。実験が行われた場所が赤丸で表示され、左下に時系列で詳細が並んでいくというムービーで、詳細は実験の年月日、核爆弾の名称、核実験を行った国、核出力値、核爆弾が爆発した場所の座標、の順番で書かれています。


1945年8月5日、15キロトンの「リトルボーイ」が広島で爆発。


4日後の1945年8月9日に長崎で21キロトンの「ファットマン」が投下され、2つの核爆弾により、人類で初めて核攻撃による被害が発生しました。


その後、長崎以来初めてとなる核爆弾の爆発実験は、1946年6月30日にビキニ環礁でアメリカ軍によって行われた21キロトンの「Able」。1946年7月24日に間髪あけず同じ場所で21キロトンの「Baker」の実験が行われ、一連の2つの核実験はクロスロード作戦と呼ばれています。1948年にも同じくビキニ環礁近くのエニウェトク環礁で「サンドストーン作戦」と呼ばれる3回の核実験が行われました。


1949年8月29日、アメリカ以外で初めてソビエト連邦が21キロトンの「Pervaya Molniya」をセミパラチンスク核実験場で実施。


1951年にはアメリカが数キロトンの小型核爆弾実験に続いて22キロトンの「FOX」の核実験を行いました。


アメリカはこの後も同じ地域で核実験を繰り返しており、FOXの核実験が行われた座標「36.822, -115.966」をGoogleマップで検索すると、実際の場所を表示することが可能。


さらに1952年10月3日にイギリスが初めての核実験「ハリケーン作戦」が西オーストラリアのモンテベロ諸島で行われました。この時使われた核爆弾は25キロトン。


同じく1952年11月15日に、アメリカは「アイビー作戦」で500キロトンもの純核分裂兵器を爆発させたキング実験を実施。地図上に大きな赤丸ができているのが分かります。


以下は実際にキング実験で発生したキノコ雲の写真。


さらにアメリカが実験する核爆弾の威力は上昇し続け、実用的な水素爆弾の実験として1954年に「キャッスル作戦」と呼ばれる合計6回の核実験がビキニ環礁とエニウェトク環礁で行われました。単位がキロトンではなくメガトンになり、核爆弾単体の核出力は最大で15メガトンに及びました。この実験によって第五福竜丸事件が起こっています。


11メガトンのロメオ実験のキノコ雲の様子。


ソビエト連邦も大型核実験を開始し、中でも1961年10月30日の「ツァーリ・ボンバ」は人類史上最大の水素爆弾を使った核実験となり、その威力はリトルボーイの3300倍にあたる50メガトン。第二次世界大戦で使われた総爆薬量の10倍の威力を持つといわれています。


赤丸のサイズは核爆弾の威力を視覚的に表わしているのですが、ヨーロッパ全土を赤丸が覆っており、もしも失敗したなら、多くの国が消し飛んでいたのかもしれません。


実験が行われたのはノヴァヤゼムリャという場所。


1971年から1972年にかけて行われたアメリカによる地下核実験の「グロメット作戦」が開始され、茶色の丸で実験の実施場所が示されています。1971年11月6日のアムチトカ島で行われたカニキン実験では、地下核実験では最大級となる5メガトンの核爆弾が使用されました。


核実験はアメリカ・ソ連だけにとどまらず世界中で行われるようになり、1983年10月6日には中国が14.1メガトンもの核爆弾による地下核実験を中国国内で実施。


場所はココ。


そして現代になり、最も最後に行われた核実験は2009年5月25日に北朝鮮が230キロトンの核爆弾を爆発させたものでした。1945年から世界中で2000回以上の核実験が行われ、全てのエネルギーを合計すると、リトルボーイ3万5千発以上に匹敵するとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
日本に投下された2つの原子爆弾が製造&運搬される様子を収めた当時の貴重な写真集 - GIGAZINE

第二次世界大戦末期に日本が原爆開発を行っていたことを示す新たな証拠が見つかる - GIGAZINE

23発もの核爆弾で山脈を爆破する予定だった「キャリーオール計画」とは? - GIGAZINE

プルトニウム型原子爆弾の構造を解説する「The Visible Atomic Bomb」 - GIGAZINE

核戦争後に地球を支配するのはゴキブリなのか? - GIGAZINE

「クロスロード作戦」の水中での核爆発実験ムービー - GIGAZINE

命がけとは知らずに米軍の原水爆実験を記録し、歴史の闇に葬り去られたカメラマンたち - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.