もう水にぬれてもジメジメ湿って臭わなくなるはっ水性靴下「5 Water Socks」


アウトドアで靴下を濡らしてしまったり、運動で汗をかいて湿った靴下はイヤなにおいがするもの。そんな靴下をはいたまま靴を脱ぐと他人に悪臭をあびせてしまうことになりますが、耐水性で雨の日でも靴下が濡れることはなく、足から出た汗もしみこむことなく蒸発してにおわない靴下が「5 Water Socks」です。

5 Water Socks - The original water resistant sock
http://www.5watersocks.com/


「5 Water Socks」が水をはじいている様子は以下のムービーから見ることができます。


アウトドアを楽しんでいると、雨が降ったり水をかけられたりして靴下がびちょびちょになってしまうことがあります。


そのまま帰宅すると悪臭の元になってしまうため、裸足になったり、靴下を履き替えたりしなければならなくなった状況は誰でも経験があるはず。


ずぶぬれにはならなくとも、暑い季節に汗をかくと、湿った靴下は悪臭を放ってしまいます。


そんな状態で他人の家にお邪魔すると、友人に「コイツ足が臭いんだ……」と訝かしげな目を向けられることは間違いありません。


そんな靴下の悩みを解決してくれるのが「5 Water Socks」。


以下のように水をかけてもしみこむことなく、水をはじきまくりであることがわかります。


汗をかいても靴下の繊維にしみこまずに蒸発するため、バンバン運動しても問題ないとのこと。


というわけで、5 Water Socks(右)と一般的な靴下(左)を水につけて実験してみます。


水につけた一般的な靴下をしぼってみると、当たり前ですがたっぷりと水がしぼれます。


一方で、同じように水につけた5 Water Socksをしぼっても、一滴の水も出ることはありません。


これは、独自技術によって疎水性のナノ粒子を素材に練り込んだ特殊な糸が使われているため。どんな水分でもはじく高い耐水性能を実現しているため、水やコーヒー・はちみつ・ジュース・スポーツドリンクなど、あらゆる水分をはじくことができるわけです。防水ではないため普通の洗濯機で洗うことができ、濡れても一般的な靴下よりはるかに素早く乾燥します。そのため、靴下の中でかいた汗もすぐに蒸発するものと思われます。


実際のデザインはこんな感じで、ラインナップは「ANKLE(くるぶし)」


「MID CALF(ふくらはぎ)」


「KICKSTARTER SPECIAL」の3種類となっています。


なお、5 Water SocksのKicksterterプロジェクトで20ドル(約2400円)を出資すると、3種類の中から1ペア、38ドル(約4600円)の出資で2ペア、54ドル(約6600円)で3ペア、85ドル(約1万円)で5ペア、160ドル(約2万円)で10ペアの5 Water Socksをゲット可能です。サイズは全てフリーサイズで、カラーはホワイトとブラックから選択可能。


製品の発送は2015年10月ごろを予定しており、日本への発送には別途15ドル(約1800円)の送料が必要です。出資の締め切りは7月18日(土)の12時58分となっています。

The Solution To Wet Socks! - 5 WATER SOCKS by Jaspreet Singh — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/2026125935/at-last-water-resistant-athletic-socks-5-water-soc

・関連記事
完全防水なのに伸縮性があってムレない靴下「シールスキンズ」着用レビュー - GIGAZINE

4人家族で年間60足?行方不明となる靴下のコストはあなどれない - GIGAZINE

高い防水・防汚機能を誇るバックパック「STROLL BACKPACK」を担いでびしょ濡れになると中身はこうなる - GIGAZINE

iPhoneに吹きかけるだけで防水・防傷加工できるスプレー「Impervious」 - GIGAZINE

防水性能がこれ以上なくよくわかるXperia Z3「水中開封の儀」 - GIGAZINE

どの防水メモ帳がどれだけタフなのか水に沈めたり破ったりして実力チェック - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log