ムービー

ディズニーがいかにアニメを再利用しているのか分かるムービー


ディズニーアニメには「キャラクターに命を吹き込む12の法則」というものがあり、「引き延ばしてペチャンコにする」「副次的なアクション」などの法則に従った独特な動きで観客を引きつけます。独自の法則を生み出したディズニーですが、ディズニーの中ではアニメーションの動きが再利用されているとして、作品を比較したムービーが公開されました。

Walt Disney Recycled Animation Scenes #1 - YouTube


まずは1959年に公開された「眠れる森の美女」のワンシーン。たくさんの人に囲まれながらオーロラ姫とフィリップ王子がダンスを踊っています。


そしてこれが1991年に公開された「美女と野獣」のダンスシーン。人々の立ち位置や見切れ方まで似ています。


さらに、オーロラ姫とベルが左手で持ったドレスの裾の翻り方までそっくり。


次は1937年に公開された白雪姫のワンシーン。踊る小人たちを前に白雪姫が手をたたいています。


白雪姫の公開から36年後に公開された「ロビン・フッド」では、上記のシーンがマリアン姫によってリサイクルされていました。


ダンスに誘われ……


一緒に踊ります。


踊りを見守る動物たち。


手拍子も同じ角度から映し出されています。


構図もポーズも同じで、違うのは背景とキャラクターだけ。


さらに、ロビン・フッドのリトル・ジョンのダンスシーンは……


「ジャングル・ブック」のバルーのダンスと重複。体の向き・手の角度から足の上げ方までそっくりです。


同じ笑顔。


ジャングル・ブックは1967年の公開なので、ロビン・フッドがジャングルブックをリサイクルしているわけです。


また、マリアン姫の動きは……


1970年に公開された「おしゃれキャット」のダッチェスの動きとほぼ同じ。


後ろ姿。



マリアン姫とロビン・フッド、ダッチェスとトーマス・オマリーのダンスシーン。


手を取り合っているところ。


ドラマーも表情といいたたき方といい、そっくりでした。


画像比較でも類似点はハッキリと分かるのですが、動きのあるムービーで見ると「どれだけ似通っているか」ということがさらによく分かります。なお、コメント欄では「皮肉なことに、このムービーは5年前に作られた『Disney's Recycled Animation』のリサイクルだ」という点も指摘されていました。

・関連記事
ディズニーのアニメの動きがまるで生きているように感じる秘密がわかる「キャラクターに命を吹き込む12の法則」 - GIGAZINE

ディズニーがアニメ「ムーラン」を実写映画化する動き - GIGAZINE

ディズニー映画のキャラクターが官能恋愛映画で愛を表現してしまったら? - GIGAZINE

ディズニープリンセスの大きな瞳に隠されたアニメの歴史とは? - GIGAZINE

ディズニーのすごさがその高いクオリティと完成度ではっきりわかる短編アニメーション「Paperman」 - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa